2021年10月24日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦で自らタイムリーを放って3勝目を飾って優勝マジックを2にした東京ヤクルトスワローズの原樹理について元日ハムの岩本勉、元ヤクルト広島の笘篠賢治、元南海阪神の江本孟紀がフジアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



原のヒーローインタビューの一部

 前日からとんでもなく緊張してたんですけど、最後は腹を括ってやるしかないと思って、今日はマウンドに上がって。最後はピンチで代わってしまったんですけど、それまでよく粘れたかなと思います。(タイムリーは)2球空振った時点でこれはヤバいかなと思ったんですけど、それでも狙い球を信じて3球目をいったんで、それがいい結果に繋がって、こうやってチームが勝てて良かったと思います。形はどうあれ、何失点しようが、試合が終わった時に相手より1点でも多かったら、それで勝ちなので、何としてもみんなで精一杯頑張っていきたいと思います。

 

 

原樹理を語る

この日の原の投球内容
5回1/3 89球 被安打5 奪三振3 四球3 失点3
今季3勝1敗 防御率2.30(10/24の試合終了時点)

 

アナ ヤクルトが巨人に勝利して優勝マジックを2に減らしました。笘篠さん、このピリピリの状況で原選手が大活躍でした。

 

笘篠 見てる方も汗をかきながら見てましたけどね。

 

岩本 トーナメントのような戦いですよね。

 

笘篠 そうなんですよ。やはり原のピッチングですよね。先制点を与えない。立ち上がりに1アウト1塁2塁のピンチで岡本・中田に対してインサイドのシュートボールを自信を持って投げる。そしてその残像を見せて抑えていく。

 

岩本 はい。

 

 

笘篠 初回からそういったピッチングをして、3回表でも岡本の打席でその残像が生きるんですよね。

 

岩本 腰が引いてましたし、生かしてましたね。

 

笘篠 こういったところを投げ切って、抑えていったのは更に自信になったんじゃないですかね。

 

岩本 はい。江本さん、原樹理の開き直りにも見えたピッチングでした。

 

江本 うん。ピッチングも良かったけど、バッティングも良かったね。やっぱりピッチャーが打つとガラっと変わるからね。

 

岩本 はい。雰囲気も盛り上がりますよね。

 

江本 タイミングのいいヒットだった。ああいうのでピッチングも良くなったよね。

 

岩本 「最後まで狙い球を絞っていた」と言ってましたもんね。

 

笘篠 3塁線を抜く長打で、1塁ランナーが一気にホームまで生還したんですよね。これ巨人のレフトの立岡くんがもっとチャージしておかないといけない。1塁ランナーはホームに行かないだろうなという感覚だったと思うんですけど、そのチャージが遅い分、サードコーチがぐるぐる腕を回すタイミングになったんですよね。

 

岩本 はい。

 

笘篠 守備側からすると2アウト満塁なんで1塁ランナーはどちらかと言うと無警戒になるんですよね。そこで2ストライクに追い込まれるという状況で、1塁ランナーの西浦くんは最大限のリードを取って、ホームに行くつもりで走っている。全部が重なってるから3塁コーチが腕を回せるんですよ。

 

岩本 なるほど。

 

笘篠 だからこの1点というのは、最終スコアが2点差だったので、もし1点差で最後までいってたらね。

 

岩本 後ろのピッチャーの心のゆとりが全然違いますね。

 

笘篠 違うでしょ。

 

岩本 そうですね。

 

笘篠 だからこの走塁というのはチームがしっかりとやるべきことをやった追加点だったと思いますね、。

 

 

以上です。

原樹理が活躍した。
おすすめの記事