201996日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs東北楽天ゴールデンイーグルス戦で今季4本目、通算20本目となる満塁ホームランを放った埼玉西武ライオンズの中村剛也について元横浜の平高木豊、元中日の立浪和義、元日ハム阪神の片岡篤史がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



中村のヒーローインタビューの一部

中村 特別なんもないんですけど、満塁で回してくれるチームメイトに感謝したいと思います。

 

 

高木、立浪、片岡が語る

今季の中村の満塁での成績(9/6時点)
率.531(32-17) 本4 点49
通算20本目の満塁ホームラン!

 

アナ 西武が楽天に勝利。中村選手はいつも冷静ですね()

 

高木 なんか満塁ホームランをいつも打ってるという、最近の活躍なんですけど。

 

アナ そうなんですよね。

 

高木 もう満塁のときは申告敬遠した方がいいんじゃないかと思うぐらい満塁で強いんですよね。

 

アナ 満塁男。

 

高木 立浪さんは現役の時に8本の満塁ホームランを打ってますよ。

 

立浪 はい。意外と多いですね。

 

高木 多いですね() それで満塁のときに打席で一番考えたことって何ですか?

 

立浪 自分はホームランを打つようなバッターではなかったので、やっぱりまずランナーを返すために、普通は強引に引っ張って長打という風に考える人がいるかもしれないですけど。

 

高木 うん。

 

立浪 自分は最悪ミスしても外野フライになるように、絶対に打点だけはあげるようなイメージで打席に立ってましたね。

 

高木 なるほど。まあ満塁でデッドボールを怖がって、「アウトコースが多いだろうな」という読みとかどうしました?

 

立浪 あんまりインサイドの厳しいボールには喧嘩しにいかないように、やっぱりセンターから逆方向を意識しながらでしたね。やっぱりその方がミスをしても外野フライという、より安全策を考えてましたね。

 

高木 なるほど。打点は取ると。

 

立浪 はい。

 

高木 片岡さんは4本打ってます。

 

片岡 大したほど打ってないですね()

 

高木 いや、そんなことない() パ・リーグの球場は広いから() それで満塁のときに考えたことは?

 

片岡 これは状況によって違うと思うんですよ。

 

高木 もちろんね。

 

片岡 もちろん打ちたいんですけど、ピッチャーの配球とかその日の調子、また自分の状態によって色んな場面で長打狙いとか、ランナーを返そうかとかをある程度考えて打席に入りますね。

 

高木 なるほど。そういう意思が中村おかわり君にはできてのるのかなと。今度聞いてみたいですね。

 

 

以上です。

満塁に強すぎる。
おすすめの記事