2018年9月26日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦で勝利し球団史上初の3連覇を果たした広島カープの優勝記者会見での選手たちのコメントです。

 



會澤翼

―地元マツダスタジアムで決めたことについて

會澤 最高ですね。過去2年は地元でできなかったんで、今年はというところで優勝できて嬉しく思います。

 

 

大瀬良大地

―1年間ローテーションの中心として頑張った

大瀬良 開幕当初のときは自分のことだけで、どうにかローテーションを掴んでやっていくことでいっぱいいっぱいでしたけど、何とか勝たせてもらうことが多くなっていくにつれて、しっかりとローテの先頭を切って戦っていきたいという思いも芽生えた中で1年間駆け抜けることができたと思っています。ここからが大事になると思いますので、また明日から気を引き締めて短期決戦をみんなで全力で戦っていきたいと思います。

 

 

丸佳浩

―地元で決めたことについて

丸 過去2シーズンに比べたら同じ優勝でも多少違うものがありましたね。360度を見渡したらカープのファンの皆さんが喜んでいましたので、自分も当然優勝して嬉しかったんですけど、ファンの皆さんが喜んでいるのを見て更に嬉しかったですね。

 

―今後に向けて

丸 昨シーズンは悔しかったですけど、ある意味でいい経験をさせてもらったんで、今年はその経験を是非生かして、この後のCS。そして日本シリーズに向けて戦っていきたいと思っていますし、選手全員が新井さんと1日でも長く野球をやりたいと思っているので、その気持ちを持ってやっていきたいと思います。

 

 

鈴木誠也

鈴木 マジックが点灯してからスムーズにドンドン減らしてきましたけど、1になってからプレッシャーというか、何か違って雰囲気がマツダスタジアムであったので、なるべく早く決めたいという気持ちはずっと思っていたんですけど、なかなか決まらず。今日までかかってしまったんですけど、でも、こうやって今日勝てて嬉しいと思います。去年、怪我をして僕はベンチの中から優勝した光景を見ていたんですけど、守っているときに去年あんなことがあったなあと思いながら優勝を迎えられたので、何か感動したというか、スゴく嬉しかったですね。一昨年のクライマックスシリーズと日本シリーズではいい活躍ができなくて、スゴく迷惑をかけたという、自分の中でスゴい悔しい思いがあるので、今年はしっかりと結果を出して、丸さんではなく自分がしっかりと打って、チームに貢献できたらいいなと思います。

 

 

以上です。

おすすめの記事