2020712日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.北海道日本ハムファイターズ戦で先発した山本由伸の投球について、そしてショート安達了一の守備について元南海阪神の江本孟紀、元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



山本のヒーローインタビューの一部

山本 早い回から点を取ってもらって、そしてファンプレーにも助けてもらって、本当に野手に支えてもらって完投ができたと思います。お客さんの前で野球をするのが久々だったので少し緊張したんですけど、11球あたたかい拍手をいただいて、本当にいいパフォーマンスを出せたと思います。

 

 

山本の投球を語る

この日の山本の投球内容
9回119球 被安打4 奪三振13 四球0 失点1
シーズン防御率1.82(7/12の試合終了時点)

 

アナ オリックスが日本ハムに3連勝で2カード連続の勝ち越しです。

 

岩本 今日は何と言っても山本投手に尽きますね。立ち上がりから火の吹くようなボールをどんどんミットに収めていったんですよ。

 

アナ はい。

 

岩本 江本さん、昨今分業制となっているピッチャー事情の中で今日の彼は1人で投げ抜きました。

 

江本 前回登板がちょっと悪かったでしょ。

 

岩本 はい。

 

江本 だからそこで完全に調整をしてね、特に150キロ台のストレートがね、最後まで衰えずに1試合投げ抜きましたね。

 

岩本 そうですね。ずっと強いボールでした。

 

江本 だから投げさせれば完投できるんですよ。(※エモやんはリリーフの助けを借りる最近の先発投手が気に入らない)

 

岩本 はい()

 

江本 無理矢理に中継ぎだのヘチマなどをやるから碌な先発が育たないんですよ。だから山本を見習えと。

 

岩本 周りのピッチャーたちは山本を見て何かを感じろと!

 

江本 そうそう。

 

 

安達の守備について

アナ そしてその山本投手を援護したのが、打っては3安打で守備でも好プレーがありましたショートの安達選手です、豊さん。

 

高木 いやぁ、素晴らしかったですね。守備範囲とあとはどこに飛んでくるかという読みですね。だからあれはピッチャーもだいぶ助かったと思いますよ。

 

岩本 これは逆に投げている山本がいいリズムで投げているので野手としても守りやすかったんですかね。

 

高木 やっぱり守りやすいですよね。

 

岩本 宇佐見のセンター前ヒットの当たりも難なく捌いて、こういうプレーなんかピッチャーはマウンドでたまらなく嬉しくなりますからね。

 

高木 そうですよね。それと中田の当たりも捌いたのもあったんですよね。あれも上手く捌いてたんですよね。

 

岩本 体幹の強さもあるんですかね。

 

高木 体幹も強いし、体にスゴくバネを感じましたね。

 

岩本 はい。

 

 

以上です。

山本が投げるとほぼ勝ちを計算できますよね。
おすすめの記事