2018年9月11日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦でミスを連発してしまった読売ジャイアンツのキャッチャー大城卓三のプレーに元ロッテの里崎智也がフジテレビアナウンサーの向坂樹興と共に喝を入れています。後半には元横浜の高木豊とフリーアナウンサーの堤友香も一緒になって話しています。

 



アナ 8回にアダメスが投げてバレンティンのときにバスボール、そして9回には中川が投げて山田のときにワイルドピッチとバッテリーエラーが巨人にはありました。

 

里崎 そうですね。8回のアダメスが投げた場面では1点を防ぎたい、三振が一番欲しいところで低めの外のスライダーをブロッキングに入らずにミットだけでバッタを取るような形になってパスボールをしてしまうのはやっぱりキャッチャーとしては一番恥ずかしいプレーです。

 

アナ はい。

 

里崎 そして、9回の山田の打席で中川が投げている場面にしても、右打者の内角へのスライダーがワンバウンドしているんですけど、ブロッキングの形にいくのが遅いんですよね。遅い分、弾くのが大きくなってしまうということで、ちょっと準備の足りなさがありますね。

 

アナ はい。

 

里崎 まあ、今後の残り試合を考えると、ジャイアンツはミスでの失点を避けていかなければBクラス転落もあり得る状況にもあるということも今のセ・リーグだと考えられますし、そういったところで防げるところは防いでいって、キャッチャーはより完璧である必要があるも思いますね。

 

アナ 扇の要の大城がキーパーソンとなりそうです。

 

 

ここから高木豊と堤アナも入ってきます

 

 

アナ この試合、巨人のメルセデス投手がヤクルト戦で初めての失点となりました。

 

高木 そうですね。まあ、8回のアダメスへのピッチャー交代がどうだったのか、ということが一つあると思うんですけども。

 

アナ はい。

 

高木 里崎さんは現場で見ていてこの交代というのはどうでした?

 

里崎 まあ、今日は山田哲人に打たれているということと、そのままメルセデスで勝負するのかアダメスで勝負するのか、どっちを取るのかというところで、結果論になってしまいますけども、メルセデスでいった方がすんなりしたのかなという印象がありますけども。

 

高木 うーん。

 

里崎 やっぱり僕はあのパスボールさえなかったら、その後の展開がどう転んでいたのか分からなかったんじゃないのかなと思いますね。

 

高木 まあ、ピッチャー交代云々ではないということですね。

 

里崎 はい。

 

 

以上です。

キャッチャー大城は守備面でまだまだなようです。小林待望論がそのうちまた出てくるんでしょうか。

おすすめの記事