DeNAのG後藤武敏と加賀繁の引退を高木豊、真中、里崎が語る 2018年9月11日

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

2018年9月11日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」で9月10日に引退を発表した横浜DeNAベイスターズのG後藤武敏と加賀繁について元横浜の高木豊、元ヤクルトの真中満、元ロッテの里崎智也がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

アナ DeNAなんですけども、昨日(9/10)ゴメス後藤武敏選手と加賀繁投手が今シーズン限りでの引退を発表しました。

高木 うん。

アナ 後藤選手はルーキーイヤーに故障のカブレラ選手に代わり、開幕戦で4番デビューをしましたね。

高木 そうですねぇ。まあ、DeNAに後藤が入ってきて、一緒にやりましたけども、代打の切り札として大活躍してくれましたし、本当に人柄がいいんで、みんなに慕われてね。

アナ うーん。

高木 里崎さんは後藤とはパ・リーグ時代によく対戦したでしょ?

里崎 やってますね。

高木 どんなバッターズでした?

里崎 やっぱり積極的に初球から振ってきますよね。

高木 うん。

里崎 甘く入ると一発もあるんで、そこらへんの初球の入りっていうのは慎重になりますよね。

高木 真っ直ぐに本当に強いバッターでしたよね。

里崎 強かったです。

高木 まあ、残念ですね。

アナ そうですねぇ。そして、加賀繁投手は2002年にドラフト2位で横浜に入団しヤクルトのバレンティン選手を2012年から2017年にかけて20打数ノーヒットに抑えるキラーぶりでした。

高木 まあ、あだ名がアルパカって呼ばれていてね。

真中 顔の雰囲気が似てますね(笑)

高木 そうそう。家に帰って奥さんに「俺のご飯は?」って聞いたら「冷蔵庫に草が入ってる」とか言われて。

アナ フフフ(笑)

高木 まあ、そういうエピソードがある。

真中 あんまりここでは要らないエピソードですね。

里崎 ハハハ(笑)

高木 まあ、何か人が良くてね。

真中 はい。

高木 バレンティンとか外国人に本当に強かったんですよ。

真中 バレンティンはスゴく嫌がっていました。

高木 でしょ。

真中 いつも加賀が出てくるとイヤな顔をしてました。

高木 僕が印象に残っているのは、中畑監督が交代で加賀を告げた時に、バレンティンがバットのヘッドの部分を持ってバットを逆さに持ち代えて、どうせ打てないみたいなジェスチャーをしてね。

アナ フフフ(笑)

真中 本当にそれぐらい苦手意識がありました。

高木 それぐらいありましたよね。

真中 加賀は本当に打てなかったですね。

高木 でも、二人とも性格がスゴくいい人なんですよ。それで、加賀なんかは裸を見たことないでしょ?

真中 また要らないエピソードですか?

アナ ハハハ(笑)

高木 いや、もう本当に彫刻で彫ったみたいな体をしているんですよ。

アナ へぇー。

真中 美しいんですね。

高木 美しい。

里崎 まあ、僕らでは絶対にならない体ですよね。

高木 全くないです。

真中 はい。

アナ まあ、とにかく残りのシーズンを応援したいと思います。

G後藤武敏 38歳16年目

横浜高校→法政大学→西武(2002年自由獲得枠)→2012年DeNA

617試合 打率.255 (1225打数312安打)

本塁打52 打点184 盗塁1 三振293

加賀繁 33歳9年目

埼玉平成高校→上武大学→住友金属鹿島→横浜(2009年ドラフト2)

278試合 392回2/3 防御率4.03

12勝12敗1S 72H 78HP

(2018年9月11日の時点)

以上です。

この時期は引退表明が続々と出てきます。