20191011vs読売ジャイアンツ戦@東京ドームのCS ファイナル 2戦目の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は青柳晃洋、巨人の先発はドラフト6位の高卒ルーキー戸郷翔征。阪神は3回表に梅野のソロホームランで先制。直後の3回裏に青柳がノーアウトから2人ランナーを出すと矢野監督が動いてガルシアを投入するが打ち込まれ一挙に3点取られ逆転される。4回裏には3番手島本が陽にソロホームランを打たれ1点追加される。阪神は5回表に猛攻を仕掛け高山梅野のタイムリーに満塁のチャンスで近本が走者一掃の3塁打で一挙5点取り2点リードする。追い掛ける巨人は直後の5回裏に岡本の2ランでアッサリと同点。ここからお互いにチャンスの連続でしたがなかなか点が入らずに9回表に大山のソロホームランで阪神が1点勝ち越す。最後は8回から投げていた藤川球児が締めて7-6で阪神の勝利。G+MBSラジオの野球中継のレポートを参考に紹介します。

 

 

矢野監督の勝利監督インタビュー

―試合を決めたのは期待をし続けた大山

矢野 嬉しいです。

 

―チーム全員で勝ち取った1

矢野 うちの野球はこういう野球なんで、誰か1人がいないと勝てなくなるんで、うちらしい繋ぐ野球ができたと思います。

 

―ようやく打線が繋がった

矢野 苦しい場面からシーズンも繋いできましたし、選手もフォアボールとかで繋いでゲームを作ってくれました。

 

―ピッチャーもそれぞれが踏ん張った

矢野 シーズンの最後から毎日みんなでいってくれてるんで感謝です。

 

―一矢を報いた

矢野 1個でいいとは思ってないんでまた頑張ります。

 

―次戦に向けて

矢野 今日みたいな野球をやるだけなんで全員で楽しんでいきます。

 

 

その後の矢野監督のコメント

―改めて大山について

矢野 よく打ってくれた。ずっと良くなかったのでもちろん代打も考えていた。ただ、巡り合わせもあったから大山のところにピッチャーを入れないで済んで、それがいい方向に出た。結果、大山が目立ってヒーローなんだけど、今日はみんながヒーローだよ。大山は昨日シーズンを通して初めて試合に出なかった。その悔しい経験をしたからこそ成長に繋がるんじゃないかと思う。何かのキッカケにしてほしい。ただ、大山だけでなく他にも苦しんでいた選手が打っているということが非常に嬉しい。今日はホームランが出たけど、うちは繋いで繋いでという野球なので明後日からはまたそういう野球をしたい。

 

―崖っぷちから1

矢野 いやぁ、凄いよ。もちろん負けたくない気持ちがあるんだけど、その気持ちを出せるというのが凄い。

 

2イニングをきっちりと抑えた藤川球児について

矢野 いやぁ、力んでないよね。あの状況を本当に楽しんでいるように見えた。見ていて本当に頼もしい。

 

 

以上です。

ノルマの1勝はしました。
おすすめの記事