20191011日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のクライマックスシリーズファイナルステージのvs.阪神戦との第3戦で4打数3安打1HRCSで絶好調モードの読売ジャイアンツの岡本和真について元横浜の高木豊、元中日巨人の井端弘和、楽天で監督をしていた田尾安志がフリーアナウンサーの山田幸美と語っています。

 



岡本のCSファイナルの成績(3試合)
打率.583(12-7) 打点6 本塁打2

 

アナ 巨人は阪神に敗れてアドバンテージを含めて31敗となりました。敗れはしましたが、ただ岡本選手がこれぞ4番という仕事をしています。

 

高木 井端さん、ここに来て今季一番の絶好調です。

 

井端 そうですね。本来のレギュラーシーズンだともっと振って、体も振ってという感じで遠くへ飛ばそうというのが強かったんですけど、今は体を振らずにバットを振ってるんでね。

 

高木 そうですね。

 

井端 今はそんなに強く振らずに軽く振ってるように見えますね。

 

高木 雰囲気がありますよね。

 

井端 はい。今は打てないボールは打たずに打てるボールだけ振り抜くというのが見えるんで、打席の中で非常に余裕が見えますよね。

 

高木 そうですよね。だから最終回でも(藤川との対決)で雰囲気を感じましたけどね。

 

井端 そうですね。ちょっと高めに浮いたらいくんじゃないかという雰囲気が出てましたよね。

 

高木 田尾さん、本編(試合のダイジェスト)で井端さんが解説で語っていたんですけど、インコースの球がグリップエンドに当たるファウルがありましたよね。

 

1打席目の10球目 グリップエンドに当たるファウル

 

田尾 はい。

 

高木 こういうのって普通なら手首とかに当てるじゃないですか。

 

田尾 いや、僕ね、一度も当てたことがないんですよ。だから分からない()

 

高木 いや、まあ岡本が体を開かずに手に当てなくて正対しなかったということが。

 

田尾 体がピッチャー方向に向いてないということですよね。調子がいいですよね。

 

高木 はい。

 

田尾 この調子の良さは急に悪くはならないんで、明後日以降も必ず打つと思いますね。

 

高木 井端さんもこれを維持していくと見てます?

 

井端 そうですね。レギュラーシーズンだとあの辺に投げられたら全部開いていて体のどこかに当てていたんで。

 

高木 そうですよね。

 

井端 今日も当たったなと思ったらグリップエンドだったんで、状態が良さそうだなと。1戦目2戦目も打ってたんで、その辺で気持ち的にも余裕があるのかなと思うんですけど、今は精神的にも状態がいいんじゃないかなと思いますね。

 

高木 頼もしい4番になってきましたね。

 

 

以上です。

グリップエンドのファウルで状態の良し悪しが分かる。
おすすめの記事