2020725日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.読売ジャイアンツ戦でサヨナラヒットを放った東京ヤクルトスワローズの川端慎吾について元ヤクルト広島の笘篠賢治、楽天で監督をしていたデーブ大久保、横浜で監督をしていた大矢明彦がフリーアナウンサーの梅田淳と共に語っています。

 



川端のヒーローインタビューの一部

川端 今年はキャンプも行けずにずっとリハビリを続けていたんですけど、やっとここまで来れまして、またこのお立ち台に立てるというのが今は不思議で仕方ないです。久しぶりに温かい声援を頂いて、本当に嬉しく思いますし力になります。ベンチの雰囲気もとてもいいですし、今日もこの勢いのまま明日も勝ちたいと思います。

 

 

川端と山崎を語る

アナ ヤクルトが川端の一打で巨人にサヨナラ勝ち。嬉しかったと思います。大矢さん、まず川端の前に9回裏1-2塁の場面で山崎が緊張感のある場面で送りバントを決めました。

 

大矢 ベンチは「なんとか決めてくれ」と思ってサインを出したと思うんですけど、本当に上手でしたね。左ピッチャーで左バッターという一番難しい状況でね。

 

アナ はい。デーブさん、難しいバントを決めた後にサヨナラ打の川端ですよ。

 

大久保 川端のサヨナラヒットよりも山崎の送りバントの方が難しいかもしれないですね。

 

アナ なるほど。

 

大久保 それが出来たんで、サヨナラを生んだ。影のMVPは山崎かもしれませんね。

 

アナ なるほど。そして笘篠さん、久しぶりに喜んだ顔の川端を見れて嬉しかったですね。

 

笘篠 そうですね。大きな怪我もしてリハビリもしたりでね。そういう中で這い上がってきた選手なんでね。その川端が決めてくれたというのがね、なんか今年1年間のヤクルトを振り返ってみると「あのシーンが・・・」と、後々になりそうな今日のサヨナラタイムリーでしたね。

 

アナ なるほど。

 

 

以上です。

山崎と川端がこの日のヒーロー。
おすすめの記事