2021年10月12日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズとの天王山 第1ラウンドで起死回生のホームランで引き分けに持ち込んだ宗佑磨について元横浜の平松政次、楽天で監督をしていたデーブ大久保、楽天で監督をしていた田尾安志がフリーアナウンサーの柴田阿弥と共に語っています。

 



この日の宗の打撃内容
1打席目 セカンド併殺打
2打席目 ショート併殺打
3打席目 レフト2塁打
4打席目 ライトホームラン
起死回生の同点ホームラン!

 

アナ オリックスとロッテの天王山 第1ラウンドは引き分けに終わりました。平松さん、この試合のポイントはどこでしょうか?

 

平松 まあ、8回裏に同点のホームランを打った宗でしょうね。

 

大久保 うーん。

 

平松 今日の宗は1打席目と2打席目でゲッツーになってるんですよ。

 

大久保 はい。

 

平松 それまでは押っつけながら打ってたんだけど、やっとここで引っ張れるボールが来たんでそれを叩いてホームラン。まあホームランを打ちにいってない。無心で振ったのが飛んだんですよね。

 

大久保 うんうん。

 

平松 まあこれは起死回生というか、宗は泣いてましたけどね。この一発というのはチームにとっても本人にとっても物凄く内容のある大事なホームランでしたね。勝ちに等しい引き分けのホームランでした。

 

大久保 そうですね。

 

アナ 田尾さんは宗選手のホームランについてはいかがでしたか?

 

田尾 いやぁ、打った宗が泣いて、打たれた小島も泣いてね。もうそれだけ大の大人が必死にやってるのを見せてもらって、もう感動ですね。

 

大久保 そうですねぇ。

 

アナ 涙が印象的でしたね。

 

大久保 はい。

 

 

以上です。

勝ちに等しい引き分け。
おすすめの記事