202079日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦でも1得点だけで敗戦。チーム全体的に極度の打撃不振の雰囲気が漂う福岡ソフトバンクホークスについて元横浜の斎藤明雄、元中日の立浪和義、元横浜の高木豊がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



稲村 ソフトバンクは首位の楽天に敗れて借金3。チーム全体で打撃不振となっています。

 

高木 打ててないんですよね。立浪さん、内川がファームで5割ぐらい打ってるんですよね。

 

内川の2軍成績(7/9時点)
6試合 打率.571(14打数8安打) 打点3

 

立浪 はい。

 

高木 今日のソフトバンク打線は4番バレンティンの次に5番に川島慶三が入ってました。これ川島が悪いと言ってるわけじゃないですけど、実績から考えると内川をそろそろ上げてっていうのを考えないですかね?

 

立浪 調子の良い悪いは別にして、名前で相手に対してなんとなしに威圧感を与えれますよね。

 

高木 なんかハッタリをかますというか、そういう事も必要な感じがしますね。

 

立浪 そうですね。それは必要ですよね。あとは勝負強さや技術がある選手ですからね。

 

高木 そうですよね。明雄さん、ソフトバンクの打線の状態はどうですか?

 

斎藤 高木さん、立浪さんが言われたように内川もそうなんですが、あとは中村晃ですよね。あの選手もいい働きをするので、やはり内川・中村辺りを早く1軍に呼んでほしいですね。

 

高木 はい。

 

斎藤 やはりチーム内のまとめ役ですよね。松田や柳田もいるんですけど、その他にも内川や中村の存在も欲しいかなという感じがしますよね。

 

高木 そうですよね。

 

稲村 早く戻ってきてほしいですよね。

 

高木 昨年までよりかはちょっとチーム内に活気がないのかなという感じがしますよね。

 

 

以上です。

役者がまだ揃ってない感じですね。
おすすめの記事