2021年5月9日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で試合には負けたものの、俊足を見せ付けた北海道日本ハムファイターズの五十幡亮汰について元横浜の高木豊、元日ハムの岩本勉、元近鉄西武の金村義明がフジテレビアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



この日の五十幡の打撃内容
1打席目 セカンドゴロ
2打席目 ショートゴロ
3打席目 ショート内野安打(盗塁1)
4打席目 ショートゴロ(盗塁1)
5打席目 空振り三振

 

アナ 日本ハムが楽天に敗れましたが、岩本さん、可能性を感じる選手がいたと?

 

岩本 これはファイターズの五十幡。

 

アナ はい。

 

岩本 昨日(5/8)も1番に抜擢された選手で、何と言っても足の速さが彼の売りなんですよね。そして昨日と今日で9打席に立ってるんですけどフライのアウトが1つもないんですよ。ゴロばかりです。金村さん、足を活かす選手がバットにボールを当てて転がすという意識は今後光ってくるんじゃないかと僕は見ているんですけども。

 

金村 足はむちゃくちゃ速いですよね。

 

岩本 はい。

 

金村 それでドラフトの時に彼の物語(※お母さんありがとう特番)で号泣してしまいまして。

 

岩本 あぁ。

 

金村 そこから注目してまして、いつ出てくるのかと。それでようやく出てきましたね。ずっと使ってほしいですね!

 

岩本 そうですね。今日は2アウトから盗塁してタイムリー1本でホームに生還するという、チームの新しい得点スタイルが見えたんですよね。豊さん、新しいスピードスターですよ。

 

高木 中央大学の後輩なんですよ。

 

岩本 あっ、そうですね!

 

高木 うん。まあ、彼は直線を走らせても速いんですけど、コーナリングも上手いんですよね。

 

岩本 はい。

 

高木 ヒットでホームに生還する姿なんですけど、もう最短で駆け抜けて、ベースの内側を蹴っている。だから走塁テクニックもしっかりとしたものがあるなと思いますね。

 

岩本 直線で言うと、学生時代に陸上大会でサニブラウンよりも速くゴールテープを切ったというエピソードもあります。

 

高木 ヤクルトの並木(秀尊)と競争させたいぐらいですよね。

 

岩本 そういうのも見たいですよね。俊足は魅力です。

 

 

以上です。

映像で見たらめちゃくちゃ速いのが分かる。
おすすめの記事