2018年5月15日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs阪神戦で先発だった横浜DeNAの飯塚悟史を6回の2アウト満塁でバッター板山の場面でラミレス監督は継投を選択しエスコバーに代えました。結果的に板山の代打原口に決勝打を打たれたラミレス采配について元横浜の高木豊、元横浜の斉藤明雄、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



アナ 気になったシーンはありますか?

 

高木 やっぱり6回のツーアウト満塁で駆け引きをしましたよね。

 

アナ はい。

 

高木 明雄さんは代えてほしくなかったと。

 

斉藤 若いピッチャーでエースに育てるんだったらね。100球で代えるというイメージはあるんですけど、やはりこういうピンチを迎えてやられる事もあれば抑える事もある。抑えればものすごく自信になるんですよ。

 

高木 うん。

 

斉藤 やはり、これからを考えると100球で代わるピッチャーではないので、「このゲームはお前にやるよ」としっかり投げさせて結果を出させて打たれたら反省をする、抑えたら非常に自信になると思うんでね。このへんの代え時はラミレス監督は100球で3回り目というこだわりはあると思うんですけど、選手の成長を考えるんだったら私は続投をしてほしかったです。

 

高木 はい。分かりました。デーブ、ちょっとラミレス監督の談話を聞いてください。

 

大久保 はい。

 

アナ 「飯塚投手は非常に良い投球だったが、打たれた5安打のうち4本が左打者に浴び3つの四球を出していた。だから、代えた。」と。

 

高木 ただ、打たれていたのは糸井だとか福留も含まれているという。どうですか?

 

大久保 まあ、確率をとる外国人監督っぽいですけどね。

 

高木 うん。それで阪神に残っている代打だとかベンチにいるのを色々調べたんだけど、ほとんどエスコバーとは対戦がないんですよね。

 

大久保 なるほど。

 

高木 それで次の板山に対してはこの日の飯塚は抑えているわけ。

 

大久保 確かに。

 

高木 監督だったらどうします?

 

大久保 まあ、明雄さんの意見と全く一緒ですよね。

 

高木 うん。

 

大久保 まあ、DeNAは育てるチームでもあるじゃないですか。今日のこの場面は投げさせて乗り越えれそうだったんですよね。明雄さんとこのゲームをチラチラ見ていたんですけど。

 

高木 ツーアウトだったしね。

 

大久保 そうですね。だから、監督はもう勝ちにいつたんだと思いましたけどね。

 

高木 なるほどね。やっぱり投手交代って難しいよね。

 

 

以上です。

答えの出ない継投の話ですがラミレス監督は機械的に代えるというシステムを取ってますよね。その辺であまり感情を入り込ませないようにしているような気がします。

おすすめの記事