2020年10月26日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」で阪神タイガースのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



所属ポジサイズ寸評
1位佐藤輝明近大内/外186/92No.1野手
2位伊藤将司JR東日本投手178/85経験豊富左腕
3位佐藤蓮上武大投手188/102MAX155キロ
4位榮枝裕貴立命大捕手179/79超強肩捕手
5位村上頌樹東洋大投手174/75コントロール◎
6位中野拓夢三菱自岡崎内野172/68小柄パワー系
7位高寺望夢上田西高内野178/75練習会で活躍
8位石井大智高知ドッグ投手175/81年々実力向上

(本指名のみ掲載)

 

アナ さあタイガースです。こちらは何と言っても佐藤輝明の4球団競合の中で矢野監督が引き当てたところから始まった今年のドラフトでしたね、小関さん。

 

小関 なかなか見どころがあると思いますね。

 

アナ うんうん。

 

小関 でも大学生なんですけど、1位2位3位4位5位ですよね。

 

アナ はい。

 

小関 まあ、どの選手も成長の余地を残してるような感じですよね。

 

アナ えぇ。

 

小関 5位の村上も1位2位で指名されるんじゃないかと周りにも言われている中で病気・怪我で挫折していまるから、反骨心が期待できますよね。僕は実は6位の中野を佐藤の次に期待してるんですよ。

 

アナ あっ、そうなんですか。

 

小関 はい。去年の台湾のウインターリーグでホームランを打ったりして、プロの2軍が参加している中で社会人選抜で出てるんですけど、その中で韓国とか台湾とか日本のファームの参加している中で打率が2位だったんです。

 

アナ そうなんですね。西尾さんはタイガースについてはどうですか?

 

西尾 佐藤輝明選手もそうですけど、もう1人の佐藤蓮投手も即戦力じゃないですけど、将来性があるという意味で、この2人の佐藤選手は上手くハマれば将来の中軸と抑えみたいな感じで。

 

アナ うんうん。

 

西尾 2人とも大学生なんですけど、即戦力とは見ない方がいいかなと思いますね。

 

アナ なるほど。

 

西尾 即戦力に近い選手は小関さんがお話した6位の中野選手とか、2位の伊藤選手とか、あと意外に8位の石井選手なんかすぐに使える可能性があるんじゃないかなと思いますね。

 

アナ という今年の阪神タイガースのドラフトでした。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

割といい感じなんでしょうかね。
おすすめの記事