2020年10月26日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2019」で中日ドラゴンズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



所属ポジサイズ寸評
1位高橋宏斗中京大中京投手183/84高校No.1投手
2位森博人日体大投手177/80155キロ右腕
3位土田龍空近江高内野179/77守備+長打
4位福島章太倉敷工高投手176/88パワー系左腕
5位加藤翼帝京大可児投手179/76地元枠
6位三好大倫JFE西日本外野手180/84高卒社会人

(本指名のみ掲載)

 

アナ そして中日です。高橋宏斗を一本釣りでした。小関さん、中日と高橋は相思相愛で我々も見てて嬉しいですよね。

 

小関 そうですよね。まあ、単独指名になるというのはビックリですよね。

 

アナ そうですよ。

 

小関 実力的には重複指名になってもおかしくない実力を持ってますからね。

 

アナ うんうん。西尾さんは中日についてはいかがですか?

 

西尾 ピッチャーに関しては満点じゃないですかね。そして2位の森博人も1位でもおかしくない選手ですからね。

 

アナ うーん。

 

西尾 まあ、野手には強打者タイプが欲しかったと思うですが、それでもショートを将来的に任せられそうな土田龍空選手を獲れたのたので、全体的にはやっぱり将来を見据えた指名ができたんじゃないかなと思いますよね。

 

アナ なるほど。高橋の一本釣りを上手く成功させた中日でした。

 

他球団の評価はこちら

 

以上です。

高橋宏斗の一本釣りは去年の森下同様に他球団は何してたんだとなりそうですね。
おすすめの記事