2021年3月27日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.阪神タイガース戦でプロ初ホームランを放った東京ヤクルトスワローズの元山飛優について、そして移籍後初先発となった田口麗斗について元阪神の片岡篤史と元巨人の斎藤雅樹がタレントの井森美幸と共に語っています。

 



元山について

この日の元山の打撃内容
1打席目 ライトフライ
2打席目 ファースト内野安打
3打席目 センターフライ
4打席目 ライトホームラン(打点2)
プロ初ヒット&初ホームラン!

 

井森 ヤクルトのドラフト4位ルーキーの元山選手がプロ初ホームランです。片岡さんはこれをどうご覧になりましたか?

 

片岡 キャンプ・オープン戦と1軍に帯同して、ショートというポジションで、なかなか結果が出てなかったんですけど、ある程度の期待も込めて即戦力ということで、今日もボテボテの内野安打から最終打席にホームランを打ったと。

 

井森 はい。

 

片岡 非常に良かったと思います。そして彼は中学時代と高校時代のチームでPL学園の私の先輩と後輩に指導してもらっていましたから。

 

井森 はい・・・。

 

片岡 また背番号が6ということで宮本慎也と同じ番号をヤクルトで付けてるわけですから、私は非常に注目してます。

 

井森 PL魂ですね(笑)

 

片岡 そうなんですよ(笑)

 

 

田口について

井森 斎藤さん、一方投げる方の田口投手が残念な結果でしたね。

 

斎藤 そうですね。今日は田口らしくなかったですね。

 

井森 うーん。

 

斎藤 本来はコントロールもいいですし、もっと攻め込むピッチングで早いカウントから打ち取るんですけど、今日はコントロールも悪かったですね。次回は頑張ってくれるでしょ。

 

井森 そうですね。期待したいですね。

 

ここからヤクルト投手陣について

 

この日のヤクルト投手陣の投球内容
田口   2回1/3 6失点
今野   2回3/2 無失点
寺島   2回   1失点
マクガフ 1回   無失点
長谷川  1回   2失点

 

井森 片岡さん、ヤクルトの投手陣についてはどうですか?

 

片岡 ヤクルトというチームの課題は投手力だと思うんですよね。

 

井森 はい。

 

片岡 そういう中で今日は先発した田口投手も非常に期待されていたんですけど、このように早い回で大量失点してしまって降板してしまうと、今シーズンは9回打ち切りという事なんですけど、どうしても中継ぎ投手を酷使しないといけないという試合展開になりますよね。

 

井森 うーん。

 

片岡 前日の開幕戦では僅差の展開で長谷川投手はいいピッチングをしたんですけど、今日は点差の開いた場面で投げないといけないような事になると。そうすると中継ぎ投手陣に負担がかかるというのをこの開幕の2試合を見て感じましたね。

 

井森 ちょっと心配という・・・?

 

片岡 かなり心配ですね。

 

井森 かなりですか。

 

片岡 はい。

 

 

以上です。

PL軍団に入りそうですね。
おすすめの記事