2018年10月17日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でパ・リーグ、クライマックスシリーズのファイナルステージ、埼玉西武ライオンズvs.福岡ソフトバンクホークスで先発し、6失点の西武の菊池雄星について元横浜の斎藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満、元横浜の野村弘樹がタレントの稲村亜美と共に語っています。

 



【この日の菊池の投球内容】

5回104球、被安打9、奪三振7、四球2、失点6

 

 

野村 斎藤さん、ライオンズの先発の菊池雄星の出来はいかがでしたか?

 

斎藤 ボールの走りは157キロ出たというのはあるんですけど、全くコントロールが出来ていないんですよ。真っ直ぐを投げる腕の振りと変化球を投げる腕の振りの勢いが違うんですよね。

 

野村 ちょっと緩んでるんですね。

 

斎藤 はい。それで今日、左足を捻挫しているような場面があったんですよ。左足はプレート板を蹴る足なんですけど、それが蹴れていない。だから、相手バッターは躍動感を感じない。ただ腕を振って球が速いだけっていう感じなんですよ。ちょっと左足の体重がプレート板に残ったまま投げている。これは対戦成績がそうさせているのか、初回に1点取られてから今日もダメなのかなと気持ちが萎えてしまったのか。

 

野村 うーん。

 

斎藤 それで3点、4点取られたときにバックアップでホームのカバーをしていた時に首を振っていたでしょ。

 

野村 はい。

 

斎藤 あっ、これで今日はダメかなと私は感じました。

 

真中 フフフ(笑)

 

野村 まあ、今年やっとソフトバンクに1勝したじゃないですか。やっぱり苦手意識というのは見ていて感じましたか?

 

斎藤 うーん。立ち上がりに1点取られたときに表情がちょっと重いなあと私は感じました。

 

野村 初戦、菊池としても緊張感があったと思うんですよね。それで初回にスッと入りたかったと思うんですよ。

 

斎藤 うん。

 

野村 それで2アウトまで取って、3番グラシアルに2ベースヒットを打たれて柳田にインコースの球で難しいボールだったんですけど、これを打たれたときの菊池の表情が非常に苦しそうに見えたんですよね。初回、やっぱり0点に抑えるのと1点取られるのとでは変わっていたんじゃないかなと思うんですよ。

 

斎藤 全く変わっていたと思います。

 

野村 はい。

 

斎藤 まあ、柳田もタイムリーを上手く打っているんですけど、私はその前のグラシアルに3球勝負でいったと思うんですけど、そこで目一杯いったのを見事に弾き返されたので、今日の真っ直ぐはダメなのかなとマウンド上で考えた菊池雄星がいたんじゃないかなと思います。

 

野村 真中さん、相手からすると菊池雄星から初回に点を取れたというのは大きいですかね?

 

真中 もちろん雄星の状態が良くなかったと思うんですけど、柳田との対決は非常に見応えがあったんと思うんですよ。初回2アウト2塁で、この大事な試合で先制点はどうかってシーンであの厳しいインコースのストレートを詰まりながらですけど、ライト線に打つんですよ。そこが見どころというかね。

 

野村 うん。そこを打たれてしまって雄星の表情に出てしまったのかなと感じましたね。

 

真中 そうですね。ちょっと悔しそうでしたね。

 

 

以上です。

初回に1点取られて気持ちがダメになったのかもしれません。

おすすめの記事