2020721日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグル戦で満塁ホームランを放ったオリックスバファローズの若月健矢について元横浜の斎藤明雄、元巨人の斎藤雅樹、楽天で監督をしていたデーブ大久保がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



試合後の若月のコメント

若月 何とか勝ちたい気持ちで打ちました。(※濃霧コールドのためヒーローインタビューなし)

 

 

若月の打撃を語る

この日の若月の打撃内容
1打席目 ショートゴロ
2打席目 ショートエラー
3打席目 レフトホームラン(打点4)
4打席目 センター前ヒット(打点1)
打率.267 本塁打2 打点10(7/21の試合終了時点)

 

アナ 試合は濃霧コールドでオリックスが楽天に勝利しました。この試合は何と言っても満塁ホームランの若月選手ですかね。

 

大久保 打順を色々と入れ替えたりして今日は9番でした。雅樹さん、若月はキャッチャーなんで打率25分か6分ぐらいなんですけど、いいバッティングしましたね。

 

雅樹 この試合のオリックスは2度の満塁チャンスを逃してるんですよね。そして3度目でよく打ったと思いますね。

 

大久保 そうですねぇ。明雄さん、若月のバッティングの魅力は何ですか?

 

明雄 意外性でしょ。

 

大久保 なるほど。確かに言いづらい事をバシッと言ってくれました()

 

明雄 やはりピッチャーからすると抑えづらいバッターですね。簡単に抑えられるんだけど、ちょっとツボを間違えてしまうと痛い目に遭うバッターだと思いますね。

 

大久保 なるほど。ド会心の当たりバッティングでした。

 

 

以上です。

今年は打てるキャッチャーですね。
おすすめの記事