201942日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.阪神タイガース戦で打線が爆発し9得点で大勝した巨人打線について元横浜の大矢明彦、高木豊、野村弘樹がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



ゲレーロについて

アナ 丸選手の一発が出ました。移籍後初ホームランです。

 

野村 まあいつかは出るんですけど、やはりホームの開幕戦で出たっていうのも嬉しいでしょうね。

 

アナ はい。

 

野村 豊さん、そんな中で丸も目立つんですけどゲレーロです。大当たりです。

 

開幕4試合のゲレーロの成績

打率.583 本塁打2 打点9

 

高木 ねぇ。大きいですねぇ。開幕したての頃って、やっぱり6番が誰にするかっていうのがスゴく大きなテーマだったと思うんですよね。それでゲレーロがこれだけ当たってくるとやっぱりこの打線は脅威ですね。

 

野村 はい。

 

高木 上位は必ず打ちますから。それでランナーがたまったところで誰が返すかってゲレーロのこの一発っていうのはちょっと効きますよね。

 

野村 効きますよね。

 

 

吉川・坂本の上位打線

野村 まあ上位なんですけど、当然初回は1番から始まりますよね。

 

アナ うんうん。

 

野村 それで吉川が出て、坂本も出て。そして3回も1番吉川から始まってこの2人が出て。初回と3回で2点と5点で合計7点。ここでほぼ勝負が決まってるんですけど。大矢さん、12番がこれだけ出塁してクリーンアップからゲレーロまでとなると12番が出る出ないで得点力が変わりますよね。

 

吉川坂本
1打席目左安中安
2打席目中安遊安
3打席目二ゴ空三振
4打席目二安四球

 

大矢 そうですね。クリーンアップのところでしっかり仕事をさせるためには出塁ってスゴく大事ですよね。

 

野村 うんうん。

 

大矢 吉川と丸の左2人が元気なうちはかなり手強い打線ですね。

 

野村 そうなってきますよね。豊さん、ジャイアンツのキーマンは吉川だと言われてましたけど、現状はスゴくいい働きをしてますよね。

 

 

高木 ねぇ。まあオープン戦のときからその片鱗はあったんで、シーズン入ったらやるかなと感じていたんですけど。まあいいスタートを切れましたね。

 

野村 このままいけそうですか?

 

高木 いや、いかなきゃいけない。いかないと優勝はないです。

 

野村 この1ヶ月がいけると乗れそうですよね。

 

高木 うん。リズムができるでしょうね。

 

 

以上です。

吉川と坂本が出塁しまくったら得点力がえげつないでしょうね。
おすすめの記事