201943vs読売ジャイアンツ戦の阪神・矢野監督の試合後のコメントです。

 



試合展開

阪神の先発は青柳、巨人の先発はメルセデス。阪神青柳は1回裏バタバタするが岡本をゲッツーに仕留めて何とか凌ぐ。しかし3回裏に8番田中俊太にヒットを皮切りに巨人打線に捕まり丸に3ラン、岡本にソロと一挙に4点取られる。その後、巨人は7回裏に2点追加し6点差。阪神もようやく8回表に近本と糸井の連続タイムリーで反撃し3点を返すが反撃もここまで。最終スコア3-6で阪神の負け。G+ABCラジオとMBSラジオのレポートを参考にコメントなどを紹介します。

 

 

矢野監督の試合後のコメント

―木浪をスタメンから外したんですか?という問い掛けに

矢野 うーん。外したというか、北條との力の差がそれほどあるのかなと。木浪というのはそもそもプロ1年目でまだ土台がない中で、周りがどう言うか分からないけど、俺が勝つためにどうやっていくか。その中での判断に対する結果。

 

―先発の青柳について

矢野 ボール自体は非常に良くて調子も良かったんだけど、丸に打たれたホームランについては、決めにいったボール、もちろん丸もさすがなんだけど、ただもっと厳しくいって抑えにいかないといけない。

 

7回裏の2失点について

矢野 あそこがやっぱり大きかった。

 

―打つ方は反撃したが

矢野 ポン(上本)と将大(中谷)らの代打陣が打ったのは今後に向けてプラス材料かな。

 

―チーム状態について

矢野 苦しい状況。点を取らなきゃならないのでちょっと考えていこうかと思っています。

 

―当たりが出てこない大山について

矢野 誰が見ても苦しい。乗り越えなければいけない。

 

―大山の4番という打順は重荷か?

矢野 明日に関しては打順を変えることはない。ただ日々状況がどう変わるかも分かりません長いシーズンなんでね。

 

―足の指を骨折したという話もある梅野について

矢野 (登録抹消していないので)チームに残れるかどうかを探りながらやっている状況なのでどうなるのかな。

 

 

以上です。

完全に力負けというか打てなさ過ぎてどうにもならんね。
おすすめの記事