20191016日に読売テレビで放送された『朝生ワイド す・またん』で史上最高のドラフトと言っても過言ではない1968年の大豊作ドラフトを山田久志と読売テレビのアナウンサーの森たけしと同じく尾山憲一(以下アナ)が語っています。

 



山田久志のドラフト

山田久志のドラフト
秋田・能代高→富士鉄釜石
1967年 西鉄 ドラフト11位指名→入団拒否
1968年 阪急 ドラフト1位指名 →入団

 

アナ 山田さんは1968年に阪急からドラフト1位指名されて入団されました。実はその1年前に1967年に西鉄からドラフト11位指名を受けていました。

 

森 これはなぜ入団を拒否されたんですか?

 

山田 自分の中では入りたかったんですけど、誰一人として賛成してくれなかった。

 

森 それはご家族の方ですか?

 

山田 家族もそうだし会社ももちろん。周りに「お前はまだ無理だ」って。

 

森 意志が弱いんですね。

 

山田 はい()

 

一同 ()

 

アナ 周りの意見は大事です。まだ若いですからね。

 

森 同じ電鉄系の会社ですよね。

 

山田 拒否はしたけど嫌いじゃなかったんですよ。稲尾さんのファンだったしね。

 

 

 

1968年のドラフト1位

アナ ただ、1968年のドラフト1位は早々たるメンバーですね。

 

1968年の主なドラフト1位
広島 山本浩二 ロッテ有藤道世
西武 東尾修  阪神 田淵幸一
中日 星野仙一 大洋 野村修

 

森 これはスゴいメンバーですね。

 

山田 その時代はドラフト1位同士で競い合うからね。それで周りからドラフト1位はゴチャゴチャと言われるからね。

 

アナ 「あいつ獲っておけば良かった」とかね。

 

山田 そうそう。よく言われる。

 

アナ でも山田さんの頃は当時テレビ中継なんかもなかったですし、どの様に連絡を受けたんですか?

 

山田 私は全然知らなかった。それで夕方か何かに会社の上司から「ちょっと来い」と呼ばれて行ってみたら「おめでとう」と言われて何のことか全く分からなくて。

 

森 ほー。指名挨拶みたいなのはあったんですか?

 

山田 あのね、ドラフト1位の時は早かったです。西鉄から11位で指名された時は来ませんでした。

 

アナ そうだったんですか()

 

 

阪急のメンバーが凄すぎる

アナ ただ、この当時の阪急の指名メンバーが物凄いんです。

 

山田 そう!これを見て!

 

1968年の阪急のドラフト
1位 山田久志 通算284勝
2位 加藤秀司 2055安打
7位 福本豊  2543安打
12位 門田博光 2566安打
※門田は入団拒否し翌年南海に2位でプロ入り

 

アナ 山田さん以外にも2位に加藤秀司さん、7位に福本豊さん。

 

森 あっ、門田さんも指名されていたんですか。

 

アナ 門田さんは入団拒否をされたんですが、後に南海に入団。みんな名球会。

 

山田 みんな同年代だからね。

 

森 この時の阪急さんのスカウトはスゴかったんですね。

 

山田 そうだね。福本さんが7位だからね。

 

アナ それを考えるとこの年の阪急のドラフトは門田さんを入れて4人ですからね。

 

山田 こんなのはこの年の阪急ぐらいだね。

 

森 そら強いはずだわ。

 

アナ 黄金メンバー申し上げていいと思います。

 

 

以上です。

阪急のドラフトが凄い。
おすすめの記事