田尾安志が阪神大山の現状を語る 打てるスイングじゃない 2019年3月4日

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

2019年3月4日に関西テレビで放送された『報道ランナー』で阪神タイガースの大山悠輔の現状を田尾安志が関西レテレビアナウンサーの新実彰平と共に語っています。

アナ 大山選手は実戦10試合で4番を務めています。(3月4日時点で)打率.219でホームランが3月3日にようやく出たということなんですよね。田尾さんはこの4番大山選手をどう考えますか?

田尾 僕は、本当はスイングを改造してほしい。どうしてもバットの面が上を向いたところから振り出すんで、なかなか確率が上がらないと思うんですよねぇ。

アナ 一回バットが落ちちゃうイメージですか?

田尾 できたら面がピッチャー方向に向いたままバチーンっと振ってほしいんです。

アナ あぁ。

田尾 (バットの縦振りの動作をしながら)こう振ってほしいんですけど、それが面が上を向いてから振るんで。

アナ なるほど。速いボールとかになると難しくなると。

田尾 性格は強いと思うんですけど、やっぱり技術的な部分でちょっと苦しむんじゃないかな。

アナ まあ、去年の9月の活躍をシーズン通して出来ればところなんですがね。

田尾 そういう魅力があるバッターなんですけど。

アナ そうですよねぇ。

田尾 彼を生かすためにも僕は4番よりも6番ぐらいで、ちょっと楽なところで打たせてあげた方が彼の良さが出るんじゃないかな。

アナ 田尾さんは大山選手の起用法について矢野監督にこんな質問をされたそうなんですね。

モニターに下記のように表示される

『大山、不調のままでも4番で使い続けるの?』

アナ そして矢野監督のお答えがこちらです。

モニターに下記のように表示される

『ダメだったら外します』

田尾 そうなんです。これはね、驚きました。

アナ うーん。

田尾 僕は「ダメだったら6番を打たせます」というコメントを予想していたんです。

アナ はい。

田尾 「サードを守れるのが今年はいますから」と。

アナ へぇー。

田尾 糸原、鳥谷、木浪。この辺りがいるんで、ダメだったら外しますと。

アナ うんうん。

田尾 その一言を聞いて「矢野監督やるな」と思いました。

アナ 帯に短したすきに長し、みたいな感じですよね。飛び抜けてほしいですよね。

田尾 ただね、木浪は面白い選手です。これはポジションを獲る可能性もあります。

アナ 大山さんとてまだ安泰ではないということですね。

田尾 そういう風に感じた方がいいと思いますね。

アナ 期待は大きいんですけどね。

田尾 やっぱり競争してるっていう気持ちでやると4番という打順もあんまり重荷にならないんですよ。

以上です。

大山は一皮剥けないと一人前のレギュラーになれないでしょうね。ただ、田尾のこういう話を聞くと選手をいじりたがる性分なんでしょうね。