2018年6月24日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.千葉ロッテマリーンズ戦で抑えで起用されて1失点の結果となった埼玉西武ライオンズのカスティーヨの抑え適正について元日ハムの岩本勉、中日で監督をしていた谷繁元信がフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に語っています。後半ではこの日に猛打賞を記録した西武の斎藤彰吾について元横浜の斉藤明雄を加えて語っています。

 



【この日のカスティーヨの投球内容】

1回10球、被安打1、奪三振0、四死球0、失点1

今季5勝4敗1セーブ 防御率4.35 (6/24の試合終了時点)

 

 

アナ 3点リードの9回にカスティーヨ投手が登板しました。

 

岩本 はい。谷繁さん、カスティーヨの抑えとしての適性をどう思われますか?

 

谷繁 どうなんですかね。まあ、防御率を見ると増田とそんなに変わらないんですよね。4点台ですから。

 

岩本 はい。

 

谷繁 まあ、そのうち増田が戻ると思うんですよね。

 

岩本 あぁ、じゃあ、少しの間だけ任せようかという感じですかね。

 

谷繁 まあ、抑え起用のカスティーヨを見ている限りでは、そんなに安定感があるようには見えないんですよね。

 

岩本 うん。

 

谷繁 だから、そこまで信頼されて出ているという感じではないと思います。

 

岩本 でも、新しい姿でパンチの効いた投球となると辻監督の心は動きますかね?

 

谷繁 んー(苦笑) まあ、西武はピッチャー次第ですからね。

 

 

【ここからこの日の3安打猛打賞の斎藤彰吾について】

アナ 斉藤彰吾選手はプロ初の3安打猛打賞です。

 

この日の斎藤の打撃内容

遊ゴ 遊安 中2 中2

 

 

岩本 はい。またニューフェイスが出てきましたね。明雄さん、ファームの方では通算10度ほど猛打賞を記録しているらしいんですよね。

 

斎藤 はい。

 

岩本 そうやってファームの方でミッチリ鍛えた選手がまたライオンズの打線にいいタイミングで出て来たんじゃないですか。

 

斎藤 もともと足の速い選手なんですけど、飛距離も出るようになっていて確実性もありますよね。去年ぐらいまではまだ確実性がなかったんですけど、今シーズンはちゃんと変化球にも対応できるようになっていますし、打席の中で焦っていないように見えますよね。余裕があるように見えます。

 

岩本 しっかりとピッチャーと対峙しているということですね。

 

斎藤 そうですね。

 

 

以上です。

カスティーヨの抑え適正は慣れてみないと分からないと思いますね。多分、そこそこやりそうな気がするんですけど。それにしても西武の野手は色んな選手が出て来ますねぇ。

おすすめの記事