2018年6月24日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.埼玉西武ライオンズ戦で千葉ロッテマリーンズは負けはしたものの4安打2ホームランとオーバーサイクルで打ちまくった井上晴哉について元日ハムの岩本勉、中日で監督をしていた谷繁元信、元横浜の斉藤明雄がフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に語っています。

 



【この日の井上の打撃内容】

1打席目 レフト前ヒット

2打席目 レフト3ベース

3打席目 センターホームラン (打点1)

4打席目 センターホームラン (打点3)

合計12塁打の4打点、シーズン打率.263

 

 

アナ 敗れたロッテなんですが、昨日(6/23)、満塁ホームランを打った井上選手は惜しくもサイクルヒットとはなりませんでした。

岩本 谷繁さん、これアジャがやりました。

 

谷繁 ねぇ(笑)

 

岩本 最後はお釣り付きぐらいのホームランまで出ましたけども。

 

谷繁 はい。凄い力を持っていますよね。最後のホームランなんてね。

 

岩本 もう彼はロッテ打線の中で頼りにできる本物の主砲と言ってもいいですかね?

 

谷繁 もうなりましたよね。

 

岩本 明雄さんは若い時から見られていると思うんですけども。

 

斎藤 うん。アマチュア時代から飛ばす力は十分ありましたからね。

 

岩本 はい。

 

斎藤 ただ、確実性がなかっただけでね。ちょっとプロの変化球に対応できなかったというのがあるんですけど、やはり金森打撃コーチに変わってね、ちょっとボールへの対応の仕方が良くなっているのかなと感じますね。

 

岩本 今後またサイクルヒットを打つようなチャンスはありますよね?

 

斎藤 いやぁ・・・多分ないと思いますね(笑)

 

一同 (笑)

 

岩本 問題は3塁打ですか(笑)

 

谷繁 ラッキーな3塁打だった(笑)

 

斎藤 あれはラッキーな3塁打だったんで、ラッキーな3塁打を打てたのに今日サイクルヒットが打てなかったんですから、もうないですね。

 

谷繁 もうないでしょ(笑)

 

岩本 ハハハ(笑)

 

斎藤 アジャもそう思っていると思いますよ(笑)

 

アナ 惜しかったですよねぇ。

 

岩本 惜しかったです(笑)

 

 

以上です。

長く続けていけばまたサイクルヒットのチャンスはあるかもしれませんよ。

おすすめの記事