2018年6月24日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.巨人戦で勝ちパターンが最近出来上がり3-2と僅差で勝利した東京ヤクルトスワローズの中継ぎ陣について元日ハムの岩本勉、中日で監督をしていた谷繁元信がフジテレビアナウンサーの久代萌美と共に語っています。

 



【この日のヤクルトの継投】

小川 勝ち投手 6回、被安打4、失点0

中尾 ホールド 1回、被安打0、失点0

近藤 ホールド 1回、被安打0、失点0

石山 セーブ   1回、被安打3、失点2

 

 

アナ ヤクルトが連敗を3で止めました。

 

岩本 はい。辛くも逃げ切ったという試合でしたね。

 

アナ はい。

 

岩本 谷繁さん、交流戦で勢いをつけたスワローズですけども。

 

谷繁 はい。

 

岩本 こういうクロスゲームになった時、そして終盤で苦しくなった時でも、どうにか逃げ切れるような勝ちパターンを作れたというのは、これはセントラルリーグでけっこうな存在の台風の目じゃないですか?

 

谷繁 台風の目になりそうですよね。

 

岩本 はい。

 

谷繁 先発では小川が帰って来て先発陣がちょっと落ち着きましたよね。

 

岩本 はい。

 

谷繁 それで、後ろの中継ぎ以降は中尾という左のピッチャー、そしてクローザーに石山を持っていって少し落ち着きましたよ。

 

岩本 うん。今日は石山は2失点しましたけど、結局は中尾にホールドポイント、近藤にホールドポイント、石山にセーブポイントが付きました。

 

谷繁 はい。

 

岩本 中継ぎ投手陣は結果と責任をしっかり果たしたことになりましたよね。

 

谷繁 そうですね。

 

岩本 今後、スワローズがどこまで浮上してくるのか。

 

アナ そうですね。

 

岩本 交流戦の姿がほんまもんなのかというのも注目ですね。

 

アナ はい。

 

 

以上です。

なんだかんだで開幕前の課題が克服されてきていますね。投手のコマ不足が解消されてきて勝ちパターンも確立されたら打つ方は間違いないんですから勝たないとおかしい。

おすすめの記事