2018年1月14日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』で横浜DeNAベイスターズのピッチングコーチになった三浦大輔が谷繁元信と対談しています。

 



右の先発陣について

谷繁 今永、石田、濱口、そして東。この左の4枚については、僕はやると思うんですよ。右の先発陣をどう考えているか。

 

三浦 2018年でいえば平良。井納はリリーフに回ってましたけど、先発に復帰して。あとはバリオス。若いのでいえば飯塚と京山とか若い選手が出てきてますけど、やはりそこからもう一皮も二皮も剥けてもらわないといけない。そこに右投手が2枚入ってくれば、いいローテーションを組めると思うんですよね。

 

谷繁 そうですね。

 

三浦 1カードで2人左が投げて、その間に右も挟めるというところで。その中で誰か出てきてもらわないといけないですね。

 

 

ドラフト1位の上茶谷大河について

谷繁 上茶谷はいいボールを持ってますよ。『タイガ』って僕が命名したんですけど。強く投げるチェンジアップみたいなボールを持ってますね。

 

三浦 強く投げるチェンジアップ?

 

谷繁 なんかね、彼は技を持ってるんですよ。

 

三浦 それがタイガボールですか?

 

谷繁 僕が命名したんです。タイガって(笑)

 

三浦 そのままですね(笑)

 

谷繁 今度聞いてみてください。タイガ見せてくれって。

 

三浦 見させてもらいます。

 

谷繁 それで「えっ!?」ってなったら、それは僕のことをリスペクトしてないということです。

 

三浦 忘れてるんですね。

 

谷繁 そう忘れてる(笑)

 

 

三嶋、山崎、石田について

ここで三嶋、山崎康晃、石田、熊原の三浦へのメッセージVTRが紹介される

 

谷繁 このVTRをご覧になってどうですか?

 

三浦 厚木で自主トレを一緒にやったメンバーですね。

 

谷繁 はい。

 

三浦 2018年の三嶋は中継ぎに入ってあれだけ投げて結果も残しましたし。

 

谷繁 はい。

 

三浦 康晃も例年にないぐらいに体が絞れていたかなと。

 

谷繁 それは同感です。

 

三浦 1月の自主トレはパンパンの顔でやって来るのがいつもなんですけど。

 

谷繁 シーズン中もパンパンな時があります。

 

三浦 そうなんですよ。それに比べて今の映像を見たら、ちょっとマシかなって感じがするんでね。

 

谷繁 やっと自覚が出てきたかなっていうね。

 

三浦 そろそろ自覚を持ってもらわないと困るんで。2018年あれだけやりましたし。

 

谷繁 はい。

 

三浦 石田も開幕投手でしたし。

 

 

開幕投手について

谷繁 そこについてですけど、今年の開幕投手は考えてますか?

 

三浦 いや、まだまだですよ。これから競争してもらわないと。

 

谷繁 おっ。石田くん、競争です。(※石田は開幕投手への意気込みを先ほどの三浦へのメッセージで語っていました)

 

三浦 石田も可能性ありますし。

 

谷繁 じゃあ、そこに関してこれは?(フリップを出す)

 

フリップ内容

『99、02、04、05、06、07、09

 

 

三浦 いや、これもう分かりますよ(笑)

 

谷繁 分かりますか(笑)

 

三浦 もう99年から開幕やってますよね。

 

谷繁 何勝ですか?

 

三浦 0勝です(笑)

 

谷繁 ハハハ(笑)

 

三浦大輔開幕戦7連敗

プロ野球ワースト記録

 

谷繁 じゃあ、石田のことはあんまり言えないですね(笑)

 

三浦 石田は2回でしょ。たった2回でしょ(笑)

 

谷繁 ハハ(笑)

 

三浦 開幕戦を7回やらせてもらって、7敗ですからね。開幕戦は独特の雰囲気もありますし、勝てませんでしたけど、先発ピッチャーとしてスゴい勉強になりましたし、スゴい大きな一戦でしたね。

 

谷繁 僕もキャッチャーとして、あれだけ試合に出ましたけど、やっぱり開幕戦は何かが違うんですよね。

 

三浦 そうですね。

 

谷繁 ひとつのアウトを取るまで指が震えてた時もありましたし。

 

三浦 選手だけじゃなく、お客さんも開幕戦の雰囲気になるじゃないですか。

 

谷繁 違うんですよね。

 

三浦 だから、特に2005年は覚えてますよ。

 

谷繁 ほー。

 

三浦 ナゴヤドームのドラゴンズ戦です。

 

谷繁 はい。

 

三浦 サヨナラ満塁ホームラン打たれて。

 

谷繁 ハハッ(笑)

 

三浦 9回までいきましたけど。

 

谷繁 誰に打たれたんだっけ?

 

三浦 アレックス・オチョアです。

 

谷繁 左中間辺りでしょ?

 

三浦 そうです。打たれた瞬間です。10球以上粘られたんです。

 

谷繁 それ覚えてる。

 

三浦 フルカウントだったんですけど、開幕戦で押し出しなんて絶対にやめとこうと思ってて。そしたら満塁ホームランでしょ(笑)

 

谷繁 残念でしたね。

 

 

現役時代に対戦した2

三浦 谷繁さんとは何回も対戦しましたし。

 

谷繁 楽しかったですよ。

 

三浦 面白かったですね(笑)

 

谷繁 もう配球を読みながらね。ストレートを知らん顔して見逃してフォークを狙って三遊間とかに打った記憶がありますね。

 

三浦 そうですね。もうニコニコしながらファーストベースに行ってるんですよね。

 

谷繁 「よし!」みたいなね(笑)

 

三浦 次の回に僕が打席に入ったらその話をしてくるし。対戦は読み合いで楽しかったですね。

 

谷繁 そういう勝負を教えてやってほしいですね。

 

三浦 そうですね。配球の繋がりですね。

 

 

今シーズンの抱負

三浦 ピッチングコーチとして、しっかりと立て直して。立て直してというか、結果を残せるように。

 

谷繁 はい。

 

三浦 それでやっぱり優勝ですよね。現役の頃に1998年の1回しか優勝できなかったんで。だから、その後でもう1回優勝するって決めてできたなかったんで。

 

谷繁 はい。

 

三浦 今度は立場がコーチですけど、やっぱりチーム一丸となって優勝、ペナントレースを制すること。それだけですね。

 

谷繁 頑張ってください。

 

三浦 ありがとうございました。

 

最後に握手をして対談終了

 

PART1はこちら

おすすめの記事