2019年1月22日に読売テレビで放送された『朝生ワイド す・またん』で阪急ブレーブスで活躍した山田久志が2019年の阪神タイガースのローテーションを読売テレビアナウンサーの森たけしと尾山憲一(以下アナ)と共に語っています。

 



アナ 先発ローテーションはどうなるのか。西さんとガルシアさんはほぼ当確だろうなと。

 

山田 この二人は入れますよね。

 

アナ 山田さんは西さんとハワイでお会いになったそうで。

 

山田 会いました。ハワイでね。去年オリックスは西を残すって私は言ってたんですよ。

 

森 はい。

 

山田 西が私を見つけて「すいませんでした」って言って。

 

森 そのへんはチェックしてるんですね。

 

山田 そうですね。

 

アナ そしてローテーションの三人目はメッセンジャーさんですよね。

 

山田 まあ、開幕とかローテーションを考えると、今年もメッセンジャーは外せない選手の一人ですよね。

 

アナ では、残りの3枠はこうなるんじゃないかということです。

 

モニターに岩貞、藤浪、小野、才木、秋山、青柳、望月が表示される

 

 

山田 問題は残りの3枠。今年はたくさんいるね。

 

森 藤浪さん、秋山さんは入れてほしいですわなあ。

 

山田 まあ、入らなきゃ困るね。

 

アナ 山田さん、残りの3枠の争いはキャンプとオープン戦で熾烈でしょうね。

 

山田 熾烈な争いになるだろうけども、新監督の矢野さんは恐らく藤浪と秋山には期待大だと思います。

 

森 そうですね。あと左も欲しいですよね。

 

山田 欲しいね。だから、あとはオープン戦次第でローテーションに入るかどうかを決めるんじゃないかな。

 

森 じゃあ、岩貞さんは左ということで有利かもしれませんね。

 

山田 そうですね。

 

アナ こうなると3月29日ヤクルト戦の開幕投手が気になりますよね。

 

 

モニターに開幕戦は無難ならメッセンジャー、相性なら西、攻めなら藤浪と表示される。

 

 

アナ 無難、相性、攻めという3つの視点で考えてみたんですけど。無難だと去年まで4年連続開幕投手を務めているメッセンジャーさん。相性なら去年まで京セラドームを本拠地として投げていた西さん。攻めだと藤浪さん。

 

山田 開幕の3試合はこの3人のどれかかなあ。開幕投手は誰になるかはまだ分からないけども。まあ、メッセンジャーだろうねえ。

 

アナ やっぱりメッセンジャーさんで無難にいくんじゃないかと。

 

山田 本来であれば新監督だし、違うピッチャーを使うという手もあるんだけど、今までの事を考えればメッセンジャーでまずは初戦と考えてるでしょうね。

 

アナ 開幕カードは京セラでヤクルト戦。次のカードが東京ドームで巨人戦。更にそのあとにマツダスタジアムで広島戦です。

 

森 まあ、藤浪さんが投げるならバレンティンさんが休むので。

 

山田 そうだね。ガルシアは巨人に強いから次のカードの巨人戦だね。

 

アナ なるほど。藤浪さんが開幕カードにきたらいいですね。

 

山田 藤浪はヤクルト戦にはいい。

 

アナ 西さんは去年まで本拠地の京セラドームで38勝25敗、防御率2.85という成績を残しています。

 

山田 西はそんなに大崩れしないピッチャーですから。

 

アナ 6回までは無難に投げてくださる安心感がありますね。

 

山田 コントロールがいいからね。

 

 

以上です。

藤浪がどこで投げるか楽しみです。

おすすめの記事