202075日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs埼玉西武ライオンズ戦で快勝したオリックスバファローズ。最悪期を脱出した打線をについて元日ハムの岩本勉と元近鉄西武の金村義明が語っています。

 



対西武6連戦の吉田とジョーンズの打撃内容
吉田正 22打数11安打 本塁打3打点6 打率.339
ジョーンズ 25打数8安打 本塁打0 打点2 打率.276

 

アナ オリックスが西武に競り勝ちました。金村さん、オリックス打線はいかがだったでしょうか?

 

金村 もうオリックス打線は開幕2カード目でロッテに6連敗食らってね、これもうダントツの最下位かなと思って心配してたんですけども。

 

アナ はい。

 

金村 僕は3/19の時はオリックスをイチオシしてたもんですから、それが3ヵ月贈れて開幕したら「これは何だろな」と思ってたんですけど、ようやく強打の西武打線を相手に勝ち越せたっていうことは、まあこれから上がっていくんじゃ

ないかなと。

 

岩本 うーん。

 

金村 吉田がこれ西武の6連戦で5割打ってね。

 

岩本 はい。

 

金村 そしてジョーンズも今日は猛打賞。そしてT- 岡田も調子がいいという事で、これからは上昇気配があるんじゃないのかなというような気はしてきましたね。

 

岩本 決定打を持ってるその3人の調子が上がってるってのは強みですよね。

 

金村 強みというか、それが今年の売りでしたからね。

 

岩本 あぁ、なるほど。

 

金村 「ジョーンズは本当にメジャーリーガーかな?」と今まで思わされてしまってたんで。

 

岩本 そうですね()

 

金村 ようやくちょっとずつ上がっていくんじゃないですかね。

 

アナ 本当に調子が上がれば、次のカードもね。

 

岩本 そうですね。確かに今、金村さん言われましたようにジョーンズが開幕遅れて、そしてやっと開幕したら、彼の動き悪かったんですよ。

 

アナ あぁ。

 

岩本 守備にしても打った後の走塁を見ててもね。でも最近の数試合を見てると、なんかキレが出てきたのかなと。暑さに強い選手なのかなっていうような感想もありますね。

 

金村 いや、岩本さん、まだそんなにスゴいキレはないです()

 

岩本 あっ、まだないですか!()

 

金村 まだ日本の野球舐めてんのかな、というようなね()

 

岩本 でも初めはそれを強く思ったんですけど、最近ちょっとマシになってるかなと。

 

金村 はい。彼の性格は真面目なんでね。今日は相手がアンダースローの与座なんでタイミング 計ってるの見ると、やっぱりちょっとメラメラと燃えて来てんのかなという気はしますよね。

 

岩本 なるほど。

 

 

以上です。

ジョーンズは痩せてほしい。
おすすめの記事