2020年9月21日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.横浜DeNAベイスターズ戦で同点ホームラン&決勝タイムリーを放った阪神タイガースのジャスティン・ボーアについて、そして怪我で出遅れてようやく今季初登板となったエドワーズについて元南海阪神の江本孟紀と元巨人の松本匡史がフジテレビアナウンサーの大村晟と共に語っています。

 



ボーアのヒーローインタビューの一部

ボーア ありがとうございます。今日は本当に楽しかったです。皆さんも楽しめましたか?イイオテンキデスネ。ジャアマタアシタ、オネガイシマス。

 

 

ボーアを語る

この日のボーアの打撃内容
1打席目 ファーストゴロ
2打席目 センターフライ
3打席目 センターホームラン(打点1)
4打席目 ライト前ヒット(打点1)
今季.263 本14 点40(9/21の試合終了時点)
同点弾&決勝打!

 

アナ 阪神がDeNAに勝利。大活躍のボーア選手は流暢な日本語でインタビューに応えていました。松本さん、この試合の熱視線をお願いします。

 

松本 やはりボーアですね。同点ホームランに決勝タイムリーですね。

 

アナ えぇ。

 

松本 やはりボーアが打つ事によって阪神打線が活気付いてきますよね。

 

アナ そうですよね。やはりムードメーカー的な存在でもありますよね。

 

松本 そうですね。本来なら4番を打ってもっともっと活躍してほしいんですけどね。9月に入ってまだホームランが2本なんですよね。ですから、今後はもっと打ってほしいですよね。

 

アナ うんうん。江本さん、ボーア選手はシーズンを通して見るとかなり波が激しいようなんですが、やっぱりここぞの場面で決めてくれる力は持ってると思うんですが。

 

江本 まあジワジワと周りも打てるバッターだなと感じるようになってきてますからね。相手にとってはちょっと脅威になってきてると思いますね。

 

アナ そうですねぇ。ホームランを打った後のファイアボールポーズでファンの皆さんも盛り上がりますしね。

 

江本 まあ、そんな芸をする前にもうちょっとホームランとヒットを打ってほしい。

 

アナ そうですか(笑) 結果が求められる厳しい世界ですからね。

 

江本 そうそう。

 

 

エドワーズについて

この日のエドワーズの投球内容
1回10球 被安打1 奪三振0 四球0 失点0
怪我明けでようやく無失点!

 

アナ 今日の2番手で登板したエドワーズ投手なんですが、6月19日の巨人との開幕戦以来、今シーズン2試合目の登板となりました。松本さんの目から見て、このエドワーズ投手のピッチングはどうでしたか?

 

松本 やはり長身ですから角度のあるストレートが特徴ですね。力のある球を投げます。

 

アナ はい。

 

松本 今日のようにエドワーズ・岩貞・岩崎・スアレスと、後ろのリリーフが固まっていけばいいんじゃないかなと思います。

 

アナ その辺りについて江本さんはいかがですか?

 

江本 このピッチャーが使えるかどうかはこれからが大事なんですけど、まあ使えないとダメですよね。

 

アナ 期待は高いでしょうしね。

 

 

江本 でもちょっと体重が重そうなんでね。

 

アナ そうですか。

 

江本 日本で活躍しようと思ったら、もうちょっと痩せないとダメだ。これはデカ過ぎるわ。

 

アナ 196センチで108キロです。

 

江本 相撲取りじゃないんだから、そんなデカくてもしょうがない。

 

アナ でも196センチの高さから投げ下す身長はありますけどね。

 

江本 うん。勿体ないのは肩肘を壊すのは体が重いから負担がそこに来るんですよ。

 

アナ そういう事なんですね。

 

江本 うんうん。

 

アナ エドワーズ投手は残り試合、どのような成績を残すのか注目です。

 

エドワーズ(アメリカ出身)

1988年1月8日生 196cm・108㎏ 右投右打

MLB通算49試合2勝0敗 防御率3.67

 

以上です。

ボーアは期待外れなところもありますけど、最低限の成績は残してるように思います。
おすすめの記事