2020年9月21日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.広島カープ戦で先発したものの初勝利の権利目前で降板となった読売ジャイアンツの直江大輔のピッチングについて元南海阪神の江本孟紀と元巨人の松本匡史がフジテレビアナウンサーの大村晟と共に語っています。

 



この日の直江の投球内容
4回1/3 85球 被安打4 奪三振2 四死球2 失点2
今季0勝0敗 防御率3.00(9/21の試合終了時点)
あとアウト2つで降板・・・

 

アナ 巨人打線が大爆発で10対3で広島に快勝。これで優勝マジック31と減らしました。江本さん、この試合の熱視線は?

 

江本 やはり巨人の先発の直江投手ですね。

 

アナ はい。

 

江本 これはジャイアンツも若手を何とか育てたいという気持ちがあって先発させてるんですけどね。やはり立ち上がりからボールが全体的に高い。

 

アナ 高いですか。

 

江本 うん。前に乗っていかないといけないのにね。田中広輔に打たれたホームランなんかは高めの抜け球ですよね。ところが序盤に2点取られはしたものの、あの高めから落ちるフォークボールはいいですよね。

 

アナ はい。

 

江本 だからそのボールを上手く使えるようになれば、やっぱり5回6回と投げられるようになるんじゃないですかね。

 

アナ なるほど。今年2年目の直江投手ですけど、松本さんは今日のピッチングはどうご覧になりましたか?

 

松本 やっぱり高めに浮くストレートが気になりますね。その辺で制球が出来てないので、それが低めに行くようになればもっと長いイニングが投げられるようになるんじゃないかなと思いますね。

 

アナ まあ、2回3回と上手く抑えてきて5回に捕まってしまったというピッチングでしたよね。江本さん、前回は4回途中で急に崩れてしまったんですけど、そこまではパーフェクトだったんですよね。

 

江本 うん。まあ、もうちょっと贅沢を言うと1軍で投げるにはもうちょっとキレのいいボールを投げないとね。エイヤ エイヤで投げても続かないですよね。やっぱりテクニックもいるし、5回6回まで投げて勝利投手の権利を得ようと思うなら、やっぱりもうちょっとレベルを上げてこないとね。

 

アナ うーん。今日の直江投手は初勝利目前だったんですが、5回途中降板となりました。

 

 

以上です。

若いですからまだまだ課題は多そうです。
おすすめの記事