2020年9月21日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で6試合連続で1番スタメンで出場している東京ヤクルトスワローズの濱田太貴について元南海阪神の江本孟紀と元巨人の松本匡史がフジテレビアナウンサーの大村晟と共に語っています。

 



この日の濱田の打撃内容
1打席目 ショートフライ
2打席目 空振り三振
3打席目 センター2塁打
4打席目 ライト2塁打
シーズン打率.255(9/21の試合終了時点)
1番での成績 6試合 率.321(25-8) 本2

 

アナ ヤクルトは中日に敗れはしましたが、現在6試合連続で1番でスタメン出場している濱田選手。江本さん、この濱田選手についてはどうですか?

 

江本 うーん。まあ、フォームがあまり好きじゃないですけど(笑)

 

アナ そうですか(笑)

 

江本 山田の真似してるのかなとは思うんだけど(笑) だけど、打てるならいいんじゃないですか。ちょっとテイクバックの後ろの部分が大きいなという気がしますよね。

 

アナ うーん。

 

江本 まあ、このバッターも当たった時のパンチ力とかは魅力がありますよね。

 

アナ そうですよねぇ。ホームランも今年は既に2本打ってます。松本さんの目から見て、この濱田選手はどうですか?

 

松本 確かにパワーのありそうなバッティングをしてますよね。

 

アナ えぇ。

 

松本 今はちょっと上体が後ろに掛かり過ぎてるんで、それがもうちょっと体の中心で軸が回れば、もっといい形で広角に打てるんじゃないかなと思いますけどね。

 

アナ なるほど。1番での起用というのはいかがですか?

 

松本 見る限りでは1番タイプではないと思うんですけど。ちょっと振りが大きいかなとは思いますけどね。

 

アナ なるほど。ただ、先ほども言われたように長打力やパンチ力というのは目が見張るものがあると。

 

松本 それはありますよね。

 

アナ 2年目ですから、来シーズンも成長が注目です。

 

 

以上です。

大きく育てようとしてる感じがありますね。
おすすめの記事