2018年7月22日にTBSで放送された「S-1」でこの日の北海道日本ハムファイターズvs.福岡ソフトバンクホークス戦で色々とぼやき解説をしています。最後に日ハムの中田翔に電話で激励しています。

 



試合前、メガネを忘れたノムさん

 

スタッフ 今日メガネは?

 

野村 見えないなあ。ボォ~としてダメだね。忘れ物が多いわ、本当に。

 

 

日ハムのスタメンを見てぼやくノムさん

1番西川、2番松本、3番近藤、4番中田、5番アルシア、6番レアード、7番渡邊、8番清水、9番中島

 

野村 日本ハムのメンバーを見て名前知っている人いる?俺、中田しか分かんないもん。

 

 

ここから試合のぼやきが始まります

5回裏1点リードの場面、ランナー2塁で西川のタイムリーを見て

 

野村 (西川は)イケメンなの?

 

スタッフ はい。

 

野村 俺は人気には縁がなかったから。未だにそうだけど。よくTBSは俺を使っているよね。

 

 

ここで忘れていたメガネが到着

 

野村 もう本当にまさに老眼ってやつ。(メガネを装着したノムさん)

 

スタッフ おぉ、これがいつもの監督という感じがします。

 

野村 ハハ(笑) 見えたぁ~。

 

 

5回裏にチャンスが継続し中田の第3打席の2球目の豪快なスイングのファールを見て

 

野村 振り過ぎ。ホームランなんて狙って打てる訳じゃないんだからさ。

 

 

次の3球目の自打球のファールを見て

 

野村 自打球っていうのは痛いからねぇ。本当に。

 

 

その次の球を仕留めて2点タイムリー

 

野村 かえって自打球で力が抜けて良かったんじゃないの。軽く打っているよね。力が抜けてポンと打ってるでしょ。

 

 

6回表の柳田の逆方向の規格外3ランを見て

 

野村 完璧だね。外角はこうやって打つんだぁっていう。

 

 

7回裏1点リードの場面のチャンスで中田翔の打席で4番打者の心得を語る

 

野村 やっぱり、相手が怖がっているところから野球をしないとよ。そのくらい自惚れても大丈夫だろう。

 

 

中田はこの打席でゲッツーを打ちチャンスは潰える

 

野村 最悪。甘い球やけど、力み過ぎやろ。ここでも打たなきゃ。4番だもん。

 

 

この後、SBに一旦追い付かれるも辛くも勝利した日ハムを見て

 

野村 まあ、得点だけ見ると手に汗握る試合だけど、日本ハムとすれば4番が打って返しているしね。だから、会心の出来と言っていいんじゃないかな。今日は中田が4番らしい活躍をしたわね。

 

 

ここからノムさんが中田翔に電話

 

中田 もしもし。

 

野村 はーい。どうも。

 

中田 お疲れ様です。

 

野村 野村です。5回裏のタイムリーツーベースはスゴく軽く振っていたけど、何か意識したの?

 

中田 まあ、簡単に追い込まれてしまった中で、ちょっと自分の中でストライクゾーンを広げて、真っ直ぐに基本的に合わせて、変化球は泳いででも食らいつこうと思っていました。

 

野村 7回にダブルプレー食らったじゃない。非常に残念だったと思うんだけど。

 

中田 まあ、最低限の仕事というか、犠牲フライを打ちにはいっていたんですけど、無理に打ちにいってしまった感じの打席ではありました。

 

野村 ファンだから一生懸命応援しているよ。

 

中田 ありがとうございます。頑張ります。

 

 

以上です。

最後は優しいノムさんでした。

おすすめの記事