2018年7月22日にテレビ東京で放送された「SPORTSウォッチャー」でこの日の広島カープに負けてしまい3連敗を喫して自力優勝も消滅してしまった読売ジャイアンツの今後について中畑がお笑い芸人のビビる大木と共に色々と提言らしきものをしています。

 



広島カープに3連敗を喫したVTRを見てスタジオトークになります

 

大木 やってしまいました!

 

中畑 はい・・・(苦笑)

 

大木 3連敗ですよ。そして、ゲーム差が8。自力優勝が消滅。キヨシさん、巨人はどうしたらいいですか?

 

中畑 そこが一番ショックだね。でもね、チャンスが無くなったわけじゃないんだよ。

 

大木 はい。

 

中畑 2017年の日本シリーズでセ・リーグの代表になったのはどのチームでしょうか!?

 

大木 DeNAですよ。

 

中畑 3位だよ。3位のDeNAが下克上を起こしたんです。ということは、この先、ジャイアンツにも十分にチャンスがある。日本シリーズに出場するチャンスがあるんです。そのためには今のままではちょっと勝ち試合を作りにくいかなという感じがするんだよ。

 

大木 うーん。

 

中畑 つまりね、ローテーションをどう変えていくかと。

 

【この1週間の巨人のローテーション】

7月16日(月) 内海哲也 3勝1敗 〇

7月17日(火) ヤングマン 3勝0敗 〇

7月18日(水) メルセデス 2勝0敗 〇

7月20日(金) 山口俊 7勝6敗 ●

7月21日(土) 菅野智之 9勝6敗 ●

7月22日(日) 今村信貴 2勝2敗 ●

 

 

大木 ローテーション。

 

中畑 そこがスゴく大事になってくると思うんだよ。表ローテは今、勢いのあるピッチャーね。そして裏ローテということで、カード別にこのローテーションを変えていくっていう必要性が出てくるんじゃないかなと。

 

大木 おっ!

 

中畑 これは作戦の中でどこのチームもやることなんだけど、もう早いうちにこの手を打って勝ち試合をキッチリと作っていくという方向に方向転換すればまだまだチャンスはありまっせ。大木ちゃん。

 

大木 ありますよね!助っ人もいいですからね。

 

中畑 そうそう。ヤングマンとメルセデスね。この2人をどう使っていくかというのはスゴく大事になってくると思う。

 

大木 どう戦い方を工夫するかということですね。

 

中畑 うん。まだまだ!

 

 

以上です。

ローテの順番をいじって何とかなるんでしょうかね。カープが相手になると、どこの球団も委縮する雰囲気があるんですよね。最終的に飲み込まれて終わるという試合が多発しています。ヤングマンとメルセデスを当てたらどうなるんでしょうか。

おすすめの記事