2018年4月7日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でリーグトップの盗塁数5個を決めている横浜のルーキーの神里和毅の盗塁技術の凄さについて元横浜の斉藤明雄、同じく元横浜の高木豊が語る。

 



【神里の盗塁の成功率について以下のように表記される】

企盗塁5、盗塁5 成功率1.000(5回盗塁を試みて全て決めている)

 

 

梅田 ルーキーの神里に今日は注目しましょう。まず追加点の口火を切る盗塁がある。シーズン5個目の盗塁。豊さんにこのへんを伺いたい。

 

高木 まあ、スタートが良いですよね。まずスタートを切る勇気がありますよ。

 

梅田 はい。

 

高木 それと中間走はまだまだ伸びシロがありますけどスライディングが上手いです。スライディングがなぜ上手いかというと。

 

梅田 はい。

 

【神里の盗塁の映像が流れる】

高木 これも「ピクイチ」と言って動いたらということなんですけど、なんというか踏ん切りが良いというかね。そういうことも感じますし、あとはスライディングの上手さ。

 

 

【先日の阪神戦で決めた盗塁の映像が流れる】

高木 このスライディングの上手さというのは懐が深いんですよ。これ回り込むんですよ。だから、タッチから遠ざかっているスライディングが出来るということ。これは左足で滑るから出来ることなんですけど、この辺はセンスですね。

 

梅田 明らかなテクニック、センスを感じると。

 

高木 だから、中間走をもうちょっと覚えるともっと楽勝にセーフになりますよ。

 

梅田 そうですか。ルーキーイヤーですよね。豊さんはルーキーイヤーはどれぐらい盗塁を?

 

高木 いや、分かんないです。

 

梅田 88試合出場で6個。

 

高木 あぁ、神里はもう5個だからあと1個じゃない。

 

梅田 だから、超えられるかもしれませんがね。

 

高木 いや、超えますよ。

 

梅田 超えると思いますけどね。DeNAはこうやって若い選手が出てきてやっていかないと、明雄さん。

 

斎藤 そうですね。チーム内でいいライバル関係ができているので楽しみですよね。

 

梅田 ですね。しのぎを削り合いながらチーム内の活性化を図って頂きたいと思います。

 

 

以上です。

高木豊がかなり褒めていますね。まだ伸びしろがあるようなのでこれからもっと走れば更にチームの勝利に貢献するかもしれません。楽しみな選手が出てきました。

おすすめの記事