2018年8月2日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs福岡ソフトバンクホークス戦で2回裏に見事な集中打を見せて一挙に7点を取った西武打線について横浜で監督をしていた大矢明彦、元中日の谷沢健一、元近鉄西武の金村義明がフジテレビアナウンサーの小澤陽子と共に語っています。

 



アナ 先発の今井投手の勝利をライオンズ打線が援護しましたね。

 

大矢 先にミスが絡んで1点取られたんでね。その1点を取られた後に。

 

アナ はい。アップルパンチのホームランから始まり、おかわり君もホームラン。

 

大矢 谷沢さん、ライオンズらしい崩し方をしましたね。

 

谷沢 外崎はソフトバンク先発の石川に対して、これまで10打数で1本しかヒットを打っていないんですよ。だから、今日はよっぽど石川のカーブのタイミングの取り方、タメ方、そのへんを研究したんじゃないかと思うんだよね。

 

大矢 なるほどね。

 

谷沢 それで、そういう研究しているライオンズの打線に対して、むしろ石川の方が研究心がなかったね。やっぱり肩口からのカーブが非常に多かったですもん。

 

大矢 なるほど。金村さん、これだけ集中力あるというのはライオンズらしさかな?

 

金村 そうですね。ただ、この打線は本当に凄いですよ。8番におかわりがいるわけですよ。

 

大矢 そうそう(笑)

 

金村 8番ですよ(笑) おかわり君が。そら肩口カーブなんか投げていたらホームランにされますよね。

 

大矢 はい。

 

金村 試合のVTRを見ていても、ほとんどが高めのカーブですもんね。

 

大矢 そうでしたね。まあ、逃さないですよねぇ。

 

金村 確か、石川は前回の試合でもノックアウトを食らって、工藤監督の横でずーっと色々と説教されていたんですよ。

 

大矢 うん。

 

金村 それで、今回もこういうピッチングですからね。工藤監督はだいぶんカリカリしているでしょうね(笑)

 

大矢 あの2回の攻撃ってキャッチャーの森が、表のソフトバンクの攻撃の時にミスして1点取られて、その裏の攻撃は自分からヒットで出て、最後にツーベースで締めくくったんでね。

 

アナ なるほど。

 

大矢 しっかりと償いましたね。

 

アナ 償いましたか(笑)

 

大矢 はい。

 

 

以上です。

集中打が起こると凄まじい攻撃をしてくる打線なんであっという間に試合が決まりますね。相手をするピッチャーも大変です。

おすすめの記事