2020年10月18日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース 2020』でこの日のvs.東北楽天ゴールデンイーグルス戦で4安打3盗塁と大暴れの活躍を見せた福岡ソフトバンクホークスの周東佑京について元日ハムの岩本勉と元近鉄西武の金村義明がフジテレビアナウンサーの杉原千尋と共に語っています。

 



周東のヒーローインタビュー

盗塁について

周東 アウトになってもいいから思い切っていこうと考えてから、そこから変わったので。思い切りの良さが前半戦足りなかったなと考えてますし、シーズン中盤から終盤にかけてはスゴい思い切り良くいけてるので、そこが要因の一つかなと思っています。

 

 

周東を語る

アナ 首位ソフトバンクが楽天に勝利し怒濤の8連勝です。金村さん、この試合の熱視線をお願いします。

 

金村 今言われたように本当に怒濤の8連勝!シーズンで最も厳しい時に日替わりヒーローが出るというね。

 

岩本 そうですね。

 

金村 本当に見てて、一言『強い!』と。楽天も意地を見せて5回に逆転したんですけど、三木監督も必死の采配を見せたんですけど、僕はその中でも周東ですよね。

 

この日の周東の打撃内容
1打席目 センターフライ
2打席目 センター前ヒット(打点1)
3打席目 サード内野安打
4打席目 ライト3塁打
5打席目 ライト2塁打(打点1)
シーズン打率.265 盗塁39
この日は3盗塁で大暴れ!

 

岩本 はい。

 

金村 この恐るべきスピード。5回裏、2点ビハインド、先頭打者でサード前にセーフティーバントを成功したんですけど、それも警戒されている中でなんですよ。

 

岩本 そうですね。

 

金村 警戒されているのにセーフになってしまうという。

 

岩本 うーん。

 

金村 そして次のバッターの初球に二盗を決める。これ滑り込まなくてもセーフぐらいのタイミングでした。このスピード。

 

岩本 はいはい。

 

金村 そして次は3球目に三盗を決めるんです。これセオリー無視ですよね。ノーアウト2塁でスチールして、また3塁にもスチールという。

 

岩本 うーん。

 

金村 そして楽天のピッチャージョンソンは慌てふためいて、ワイルドピッチで周東がホームに生還して1点と。これチームが勢いづくのが当たり前ですよね。

 

岩本 はい。

 

金村 この時点で1点差に迫ってから、ソフトバンクペースになってますから、恐るべきセオリーをも超えてしまう周東のスピード。もう本当に驚きしかないですね。

 

岩本 そうですよね。周東が塁に出るだけで相手チームの野球が変わるんですからね。 

 

金村 もうバッテリーが慌てふためいてますからね。

 

岩本 はい。

 

 

以上です。

恐るべき周東のスピード。
おすすめの記事