2021年7月14日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日の阪神タイガースvs.横浜DeNAベイスターズで8回表に阪神の岩崎優が宮崎に被弾し、8回裏にDeNAの山崎康晃が2失点しました。侍ジャパンで中継ぎを担当するこの2人の不安な状態について元横浜の斎藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満、広島で監督をしていた達川光男がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



この日の両投手の投球内容
阪神岩崎 1回  被安打1 1失点
横浜山崎 2/3回 被安打3 2失点
岩崎は宮崎に痛恨被弾
山崎は押し出し四球を含む2失点

 

アナ DeNAが阪神に勝利しました。達川さん、この試合で気になったポイントがあるんですよね。

 

達川 この試合が前半戦の最後でだったんですよね。それでこれからはオリンピックになりますよね。

 

真中 そうですよね。

 

達川 侍ジャパンの2人の中継ぎ。阪神の岩崎とDeNAの山崎。ちょっと心配ですね。明雄さん、この2人はどうですか?

 

斎藤 岩崎はシーズン序盤はボールのキレも良かったんですけど、最近はボールの走りが悪いし、コントロールも甘くなったのかなというので心配がありますけどね。また舞台が変われば変わってくると思いますよ。

 

真中 うんうん。

 

斎藤 ただ山崎康晃の方は得意のシンカー、ツーシームのキレがあまり良くないかなと。

 

真中 何か低めの球のコントロールが良くないかなと。投げた瞬間にボールと分かりましたからね。

 

斎藤 うん。だからサンズへの押し出しも完全に見切られていましたからね。

 

真中 そうですね。いい時はちょうどいい高さから落ちてきますからね。

 

斎藤 はい。

 

真中 岩崎もストレートはスピードガンには出ないですけどキレで勝負するピッチャーですからね。

 

 

以上です。

この2人はオリンピックで活躍できるのかどうか。
おすすめの記事