2021年7月14日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.オリックスバファローズ戦で先制打に逆転打を放った北海道日本ハムファイターズの野村佑希についてヤクルトで監督をしていた真中満と広島で監督をしていた達川光男がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



野村のヒーローインタビューの一部

野村 昨日も点を取れずにやられているので、何とか先制点を取りたいと思って打席に入っていい結果が出たので良かったと思います。何とか食らい付いていこうと思っていたので、いい打ち方ができたなと思います。若い力でチームを勢いづけれるように頑張っていきたいなと思います。

 

野村を語る

この日の野村の打撃内容
1打席目 レフトフライ
2打席目 センター2塁打(打点1)
3打席目 レフト前ヒット(打点2)
4打席目 センターフライ
打率.309 本塁打1 打点11(7/14の試合終了時点)
先制打&逆転打!

 

アナ 日本ハムがオリックスに快勝しました。野村選手が活躍しました。

 

真中 はい。非常にハキハキした受け答えでいいですね。打つ方では2打席とも追い込まれてからのしぶといバッティングでした。達川さん、今日の野村はどうでしたか?

 

達川 そうですよね。リストが非常に強そうな打ち方ですよね。これからドンドン良くなるんじゃないですかね。

 

真中 そうですよね。僕は8球9球粘ってからのタイムリーというのが素晴らしいと思うんですが、なかなか若い選手でこういうバッティングが出来る選手は少ないですよね。

 

達川 そうですね。ずっと見てると、この野村と高濱はしぶといですね。

 

真中 しぶといですね。日本ハムは若い選手が主軸を打っていますしね。野村選手は非常に勝負強いバッティングをしますよね。

 

 

以上です。

やっぱり怪我なくいけばいいモノを見せてくれます。
おすすめの記事