2021年7月14日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦でホームランを放ちチームを4連勝に導いた広島カープの小園海斗について元横浜の斎藤明雄、ヤクルトで監督をしていた真中満、広島で監督をしていた達川光男がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



この日の小園の打撃内容
1打席目 フォアボール
2打席目 ライトホームラン(打点1)
3打席目 レフト2塁打
4打席目 レフトフライ
シーズン打率.326(7/14の試合終了時点)
チームを4連勝に導くホームラン!

 

アナ 広島は中日を下し4連勝です。森下投手が柳投手との明大対決を制しました。

 

真中 はい。打つ方では小園ですよね。2年ぶりのホームランを打ちましたけど、6月13日から3番に定着してここまで3割2分6厘ですからね。達川さん、小園は本物というか完全に乗ってきましたよね。

 

達川 間違いないですね。何と言うか、プロ意識が出てきましたね。

 

真中 はい。

 

達川 1打席1打席をスゴく大事に打ってますね。それと1球1球集中してるなと思ったところが、2ストライクに追い込まれた時ですね。

 

真中 はい。

 

達川 大谷のようなノーステップで打つんですよね。だから1打席、1球に執念を感じますね。

 

真中 なるほど。良くなってますよね。明雄さんは小園についてはどうですか?

 

斎藤 ピッチャーからすると、ああいう2ストライクからのノーステップ打法をされると、小さな変化球を投げづらいんですよね。

 

真中 なるほどね。

 

斎藤 それで真っ直ぐを投げたら打たれてしまうと。この日のホームランなんかはまさにそれですよね。その辺でピッチャーの失投を呼び込むようなバッティングの構えをしてるなという感じですね。イヤらしい3番だなと思いましたよ(笑)

 

真中 ちょっと失礼なんですけど、まだ小園の3番は早いのかなと思ったんですけど、もう馴染んでますよね。

 

斎藤 馴染んでますね。勝負強いですよ。

 

真中 そうですね。打てるショートだと、打線として活発になりますよね。

 

斎藤 チームが乗っていけます。ムードがいいですよね。

 

真中 後半戦はどこまで行けるかですね。

 

 

以上です。

あの年のナンバーワン野手ですし本格化してきましたね。
おすすめの記事