2018年5月12日にBS1で放送された「ワールドスポーツMLB」でこの日のvsCIN戦で先発をしたロサンゼルスドジャースの前田健太の投球について元ヤクルト西武の石井一久がフリーアナウンサーの上田まりえと共にかたっています。

 



【この日の前田の投球内容】

4回2/3、被安打9、奪三振5、与四死球2、失点5

 

【試合後の前田のコメント】

前田 初回に球数が多くなってしまったんで。追い込んでからファウルで粘られたりとか、そういうとこで球数が多くなってしまったのかな。球数が多いと精神的にダメージを受けてしまうので気持ち良く打ち取れるアウトが少なかった。

 

 

アナ 前田投手は9安打を浴びて5失点。立ち上がりから厳しかったですね。

 

石井 まあ、この試合のポイントになったのは立ち上がりの初回ですよね。初球をいきなり痛打されたところですね。

 

【初回の映像を見ながら】

石井 まず初回のウィンカーの初球ですよね。まあまあ良いコースだったんですけど、フォーシームを痛打されて、初球に2塁打を打たれるとピッチャーとしては早く1アウトを取りたい。

 

アナ はい。

 

石井 そういうなかで焦りが出ての(2番打者ペラーザの打席での)ワイルドピッチだと思うんですけど、得点圏にランナーを進められてヴォットーに上手く運ばれて(センター前ヒット)タイムリーを打たれた形になったんですけど、自分の形を作れず何球かで1点を取られるのはピッチャーとしては最悪な立ち上がりでしたね。

 

アナ 相手に流れが渡りましたからね。

 

石井 はい。

 

アナ 今日は4回2/3を投げて104球と球数が多かったのも気になりますが。

 

石井 まあ、初回に34球投げたんですけど、ピッチャーが悪いのには理由があるんですよね。

 

アナ はい。

 

石井 その理由としては1球目、2球目に厳しいところにいって最後は甘いところにきちゃったじゃないですか。そのように今日の前田投手はファーストストライクが良くてツーストライク目も厳しいところで最後の3球目のストライクで甘いところにきているので今日は全体的に勝負球が甘かった印象がありますね。

 

アナ もったいないですよね。球自体が悪いようには見えないんですが。

 

石井 悪くないんですよ。悪くないんですが、悪くないから詰まらせるんですけど、ただコースが甘いから詰まった当たりでもヒットコースに落ちちゃうんですよね。

 

アナ そういうことなんですね。

 

石井 はい。

 

アナ まだ噛み合ってない感じがしますよね。

 

石井 うん。でも、ここは頑張ってほしいですよね。

 

 

以上です。

なかなか上手くいかない感じですね。そろそろスッキリした結果が欲しいですね。

おすすめの記事