2019531日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース』でこの日のvs.中日ドラゴンズ戦で敗れ3連敗となってしまった読売ジャイアンツ。先発、リリーフ共に不安のある投手陣について横浜で監督をしていた大矢明彦と元横浜の高木豊がフリーアナウンサーの山田幸美と共に語っています。

 



今シーズンの巨人の投手成績

イニング失点防御率
先発2821283.77(リーグ3位)
リリーフ157794.07(リーグワースト)

(5月31日の試合終了時点)

 

大矢と高木豊が語る

アナ 巨人は中日に敗れ3連敗となりました。心配ですね。

 

高木 そうですね。大矢さん、先発も含めてちょっと投手陣が苦しい。リリーフ陣も苦しいです。

 

大矢 そうですね。正直、去年並みになってきたかなというね。

 

高木 そうですよね。

 

大矢 まあここからが勝負ですよね。どう立て直すかが大事です。これが監督の仕事になるでしょうね。

 

高木 ただ、今の野球って最後から逆算していくからリリーフって絶対じゃないですか。

 

大矢 はい。

 

高木 そこに弱さがあるというところが、今後の行く先が不安ですよね。

 

大矢 そうですね。この人だったら1イニングをしっかりというのがなかなか作れなくて、中継ぎを出して点差を広げられて追い付けなくなるというね。

 

高木 そうですよね。

 

大矢 こうなってしまったら、ある種の悪循環にハマりますよね。

 

高木 はい。まあそこら辺を早く整理しないと、とんでもないことが起きそうな気がするんですよね。

 

 

以上です。

原采配も悪循環にハマってきています。
おすすめの記事