2018年10月25日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2018」で阪神タイガースのドラフトの専門家であるライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



ドラフト指名選手(育成除く)
1位近本光司外野手大阪ガス
2位小幡竜平内野手延岡学園高
3位木浪聖也内野手Honda
4位齋藤友貴哉投手Honda
5位川原陸投手創成館高
6位湯浅京己投手富山GRNサンダー

 

アナ 小関さん、今年のタイガースのドラフトはどうですか?

 

小関 阪神は野手が欲しいことは間違いないんですけど、野手で中心バッターになれるような人が欲しいんですよ。でも、今回獲った選手はどちらかと言うとチャンスメーカーが多くて、そういう部分では非常に意図した指名ができなかったのかなと思いますね。

 

アナ 矢野監督のコメントから引用するとセンターラインへのこだわりという風に仰ったんで、そちらから入ったという印象もありますよね。

 

小関 はい。もうちょっと将来、主軸を打てるような選手を獲りにいきたかったですね。

 

アナ 西尾さん、藤原を外して、辰己を外して、所謂外れ1位からスタートしたドラフトだったんですけど、どうですか?

 

西尾 外野手にこだわったというのは姿勢として悪くないと思います。そして野手を3人獲ったというのもけっこうタイガースにしてはなかなかないことなので。

 

アナ はい。

 

西尾 小関さんが仰ったようにクリーンナップを打てる右バッターがちょっと出て来てはいるものの、そんなに将来長く中軸を打てる選手がいるかというと気になるんですけど。まあ、あとは4位に齋藤選手が残っていたのはけっこうラッキーという気がしますね。

 

アナ はい。

 

西尾 本当に1位か2位かなと思っていたピッチャーなので、ハマればすぐに1軍にもすぐ出てくるんじゃないですかね。

 

アナ 中継の中では社会人ビッグ5として紹介していたんですが、その5人の中でもかなり力があると。

 

西尾 そうですね。僕は齋藤投手が1番かなと思っていました。

 

アナ これ楽天1位の辰己選手とは高校の先輩後輩で近本が2年先輩なのでライバル心を発揮してほしいところですね。

 

その他のチームの評価

 

以上です。

最下位なのに目の前の穴を塞ぎにいっただけのドラフトのように映ったようですね。

おすすめの記事