2018年10月25日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2018」で中日ドラゴンズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



ドラフト指名選手
1位根尾昴投・内・外大阪桐蔭高
2位梅津晃大投手東洋大
3位勝野昌慶投手三菱重工名古屋
4位石橋康太捕手関東第一高
5位垣越建伸投手山梨学院大
6位滝野要外野手大阪商業大

 

アナ 中日ドラゴンズは与田新監督が根尾を引き当てまして、更に東洋大トリオの一人の梅津にいって、社会人の勝野。更には解説のお二方の評価も高かった関東第一の捕手の石橋というような形です。西尾さん、中日のドラフトはどうですか?

 

西尾 セ・リーグの中では一番目立ちましたね。当然、根尾選手を当てているというのはあるんですけど。

 

アナ はい。

 

西尾 正直、ショートで使うのかどうかは中日だと不安があるんですけど、ただ2位以下に梅津投手にしても勝野投手にしても、そして石橋選手ですね。本当にチームにとってもスケールの大きなピッチャーが欲しかったですし、何よりキャッチャーも欲しかったというのがあるので、本当に意欲的ですし、分かりやすい、良い指名だったと思いますね。

 

アナ 小関さんはどうですか?

 

小関 根尾が入る事によって、内野が動きますよね。京田をセカンドに動かすか、或いは根尾を外野に持っていくかという。

 

アナ そうですね。

 

小関 色んなことを考える。首脳陣が考えることが重要ですよね。それは考えるということはチームの質を描くわけですから、それがまず非常に大きいと思います。

 

アナ はい。

 

小関 それと梅津、勝野という即戦力のピッチャーを獲れたのは大きいですね。中日は本当にピッチャーも野手も必要なチームになっちゃいましたから、そこにちゃんとピースが入ったなと思いますね。

 

アナ 加えて地域性もカバーできたという。

 

小関 フフフ(笑) 地域性は結果論ですけど(笑)

 

アナ 結果論ですけど上手く両立できたというね。

 

西尾 そうですね。無理して獲っているという感じもしないですよね。いい選手でたまたま。

 

アナ ある種、上手く流れていきましたよね。

 

西尾 そうですね。

 

小関 ファンは喜ぶかもしれませんね。

 

その他のチームの評価

 

以上です。

かなり評価がいいようです!

おすすめの記事