2018年10月25日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2018」で読売ジャイアンツのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



ドラフト指名選手(育成除く)
1位高橋優貴投手八戸学院大
2位増田陸内野手明秀日立高
3位直江大輔投手松商学園高
4位横川凱投手大阪桐蔭高
5位松井義弥内野手折尾愛真高
6位戸郷翔征投手聖ウルスラ学園

 

アナ 西尾さん、ジャイアンツの指名はけっこう徹底していますよね。

 

西尾 そうですね。2位以下は本当に育成まで含めて全部高校生なんですよね。ちょっと1位の高橋投手は正直ビックリしました。ここは1位の中では一番ビックリしましたね。指名はされるとは思っていたんですけど。

 

アナ もちろん根尾ダメ、辰己ダメという流れの中での高橋だったんですが。

 

西尾 そうですね。1巡目なのかなっていうのはちょっとね。ただ、高橋投手はすごいときはすごいピッチングをするので。

 

アナ うん。

 

西尾 その最大値を評価したのかなという気がしますね。

 

アナ 小関さんはジャイアンツのドラフトどうですか?

 

小関 先だって監督が代わって、コーチも入れ替わったんですよね。

 

アナ はい。

 

小関 高卒のコーチが多かった。ってことは、2位から6位まで全部高校生に向かったというのが非常に納得できるんですよね。

 

アナ なるほど。

 

小関 あぁ、こういう意図もあったのか、という何か謎が解けたみたいで私自身は非常に気持ちがいい指名ですね。

 

アナ 頭の中でパズルがハマったようなね。

 

小関 そうですね。多分、そういう意図もあったんでしょうね。

 

アナ ただ、結果として去年は中央大学の鍬原。その前の年が中京学院大学の吉川。そしてその前が立命館大学の桜井と。流れとしたら大卒の選手が1巡目の指名という結果となったジャイアンツ。そしてその後に高卒がズラーっと並んだのが2018年のドラフトでした。

 

その他のチームの評価

 

以上です。

高校生を大量に指名して数年後に何人か花開いたら大成功です。

おすすめの記事