2018年10月25日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2018」で広島カープのドラフトを専門家である野球ライターの西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



ドラフト指名選手(育成除く)
1位小園海斗内野手報徳学園高
2位島内颯太郎投手九州共立大
3位林晃汰内野手智辯和歌山高
4位中神拓都内・投市立岐阜商業高
5位田中法彦投手菰野高
6位正髄優弥外野手亜細亜大
7位羽月隆太郎内野手神村学園高

 

アナ 西尾さん、広島のドラフトをご覧になってどうですか?

 

西尾 そうですね。カープの今のレギュラーの選手は脂が乗り切っている感じで、その下の年齢の野手がポイントだと思っていたんですね。小園選手もそうですし、あと他の高校生の林選手とか中神選手を獲りましたので分かりやすいなという気がしますね。

 

アナ ちょうど年齢でいうと広島のタナキクマル世代が20代後半ですからちょうど10年ぐらい空いている感じなんですよね。

 

西尾 そうなんですよね。本当に22歳、23歳の選手が少なくて鈴木誠也はいるんですけど、その下の選手となると人数自体も多くないんで、そういうのは獲っておかないと、というのはありますよね。

 

アナ うん。

 

西尾 あとは高校生の野手を育てるというのはカープの昔からの伝統なので、分かりやすい、いい指名だったと思いますね。

 

アナ 林、小園の三遊間のイメージが湧いてくるんですが、3連覇を果たしたカープの小園を1巡目で引き当てた緒方監督でした。

 

その他のチームの評価

 

以上です。

やはり小園獲得は大きすぎます。ちなみにカープのときは西尾さんだけしかコメントせずに小関さんには話が振られなかったのでコメントはありませんでした。

おすすめの記事