2021年5月30日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2021』でこの日のvs.福岡ソフトバンクホークス戦で一発攻勢で2年ぶりにソフトバンクに勝利した読売ジャイアンツの4番岡本和真、5番スモークの打撃陣などについて元中日の谷沢健一、元日ハムの岩本勉、楽天で監督をしていた田尾安志がフジテレビアナウンサーの海老原優香と共に語っています。

 



アナ 巨人がソフトバンクに2年ぶりの勝利となりました。先発の戸郷投手は中4日で踏ん張り、打っては4番5番が活躍しました。

 

岩本 そうですね。田尾さん、4番岡本、5番スモークといいところで一発が出ました。

 

この日の巨人の4番と5番
岡本 捕邪飛 右飛 中本 三振
スモーク 中 安 四球 遊ゴ 右本

 

田尾 さすがに主軸でしたね。

 

岩本 はい。

 

田尾 こういう中々勝てない時はホームランですよね。本当に色んなゲームを見ててホームランの威力を感じるんですよね。

 

岩本 そうですね。

 

田尾 ホームランが少ないチームは苦しんでますしね。

 

岩本 ランナーがいると大量得点にもなりますし、これでジァイアンツがホークスに打ち勝ったというので嫌な呪縛も取れたと感じるんですけども。

 

田尾 そうですね。今日のゲームでペナントレースが終わりかなぐらいの継投してましたしね。それで負けてたら、ちょっと苦しかったかなと思いますよ。

 

岩本 はい。

 

田尾 よく勝ったなと思いますね。

 

岩本 谷沢さん、連敗ストップについてはどういう感想をお持ちですか?

 

谷沢 やはり2年続けての日本シリーズスイープはショックだよね。

 

岩本 はい。

 

谷沢 その他の負けもあるけど、それも凌駕するだけの気持ちも入れていかないと、なかなかソフトバンクには勝てないよ。それにしても空中戦で勝てるとは思わなかったけどね。

 

岩本 はい。岡本スモークは見事なホームランでした。

 

 

以上です。

呪縛から解放されたんでしょうか。
おすすめの記事