2018年9月2日にフジテレビONEで放送された「プロ野球ニュース」でこの日のvs.オリックスバファローズ戦で敗戦し、この日の前日の大逆転負けに続き連敗となってしまった埼玉西武ライオンズの焦りのある戦いについて元日ハムの岩本勉、元阪神ダイエーの池田親興、元横浜の平松政次がフジテレビアナウンサーの井上清華と共に語っています。

 



【この日にあった拙攻】

2回表 岡田 一死満塁 併殺

4回表 森 一死1-2塁 左飛

    岡田 二死1-2塁 空三振

6回表 栗山 無死2-3塁 右飛→ホームタッチアウト

    中村 二死2塁 投ゴロ

 

 

アナ ライオンズが3連勝のあとの連敗となってしまいましたね。

 

岩本 そうですね。今日のゲームで言いますと、ランナーは出すんですけど、なかなか次の一本が出ない。

 

アナ うーん。

 

岩本 得点に繋がらないということなんですよね。平松さん、これはライオンズ打線が

苦しんでいるのか、相手先発のオリックスの西が良かったのか、これはどう見ますか?

 

平松 どっちかと言うとライオンズ打線が問題だったんでしょうね。苦しんでいるのはね。

 

岩本 はい。

 

平松 まあ、今日なんかも栗山とか森とか西に強いバッターはいるんだけども、チャンスになかなか一本が出ないというね。

 

岩本 はい。

 

平松 だいたい点が取れないときはこういう打線が繋がっていかない苦しみがありますよね。

 

岩本 なるほど。

 

平松 そういう状態になっているんじゃないでしょうかね。

 

岩本 チカさん、これは優勝が見えてきてプレッシャーも出てきていますかね?

 

池田 僕は昨日(9/1)の試合で焦り感じたのかなと。どちからと言うと昨日の試合のような大逆転の試合はライオンズがやってきたじゃないですか。

 

岩本 はい。

 

池田 そういう信じられない試合をやってきて、その点数をひっくり返してきたのに昨日はやられてしまったので、そのショックというか焦りみたいなものが残り試合と相まって今日の試合で野手のエラーとかそういうのもくっついてきてる。まあ、外崎が違和感で欠場したのもそうなんですが、そのへんも含めて残り試合に対してはプレッシャーも出てくるし、疲れも重なってくるというのもあるでしょうね。

 

岩本 はい。

 

池田 まあ、優勝経験も随分前になるんで、ちょっとそのへんが見所というか、締め所になってくると思いますね。

 

岩本 ここで誰かが手を上げて、旗を上げて開き直るというようなチーム状況になればまた変わってくると思うんですけどね。

 

池田 そうですね。またいつものペースになれば変わってくると思いますね。

 

 

以上です。

色々と焦りというかザワザワ感があるかもしれません。

おすすめの記事