201942日にフジテレビONEで放送された『プロ野球ニュース2019』でこの日のvs.東京ヤクルトスワローズ戦でプロ入り初先発となった横浜DeNAベイスターズのドラフト1位・上茶谷大河のピッチングを横浜OBの大矢明彦、高木豊、野村弘樹がフリーアナウンサーの堤友香と共に語っています。

 



この日の上茶谷の投球内容

7110球 被安打6 奪三振7 四球1 失点1

勝ち負けつかず

 

上茶谷について語る

アナ 野村さんは上茶谷選手のピッチングをどうご覧になりました?

 

野村 ルーキーで初登板ということを考えると上出来というか満点をあげてもいいと思うんですよね。それで豊さんにお聞きしたいんですけど、非常に低めにコントロールできてるし、いいなと思ったんですけど。まあ欲を言えばもっと真っ直ぐを使っていいのかなというイメージを持ったんですよね。

 

高木 そうですね。

 

野村 変化球が多いかなと思ったんですけど。

 

高木 気温が低かったのと、本来の真っ直ぐがいってないと思うんですよね。スピード的には。それとDeNAAIを導入してて、ヤクルト打線への変化球の使い方が指示されてたんだと思いますね。

 

野村 なるほど。だから配球も含めてそういう傾向にあったと。

 

高木 だと思います。

 

野村 大矢さんはどう見られますか?

 

大矢 あんまり贅沢を言わないでいいと思うよ。

 

野村 そうですかね() いやぁ、140後半のストレートを投げているのをオープン戦で見てたんで今日は少ないかなと思ったんですけど。

 

大矢 ここってときに投げれればいいんじゃないかな。でも、腕の振りも素晴らしいですしね。体重移動でもしっかりと下半身が使えてるし、そんなに大崩れしないで低めにボールが集まるタイプなんでね。

 

野村 うんうん。

 

大矢 欲張らずにこのまんまんの形のピッチングで。その中で配球を少しずつストレートが出てくるというのでいいと思うけどなあ。

 

野村 なるほど。分かりました。僕が欲を言い過ぎたということですね。

 

アナ フフ()

 

野村 もっといいピッチャーというイメージがあったんで。

 

高木 いや、もっと良くなるよ。

 

野村 そう思いますよね。

 

高木 なるなる。

 

アナ そしてこの上茶谷投手に関してラミレス監督が「想像以上にいいピッチングをしてくれた。彼に勝ってほしかった」とコメントしています。

 

野村 そうですね。最高のピッチングでしたからね。

 

アナ そうですね。次回への期待が高まります。

 

 

以上です。

セ・リーグ新人王候補ナンバーワンですね。
おすすめの記事