2018年10月25日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2018」で東北楽天ゴールデンイーグルスのドラフトの専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



ドラフト指名選手(育成除く)
1位辰己涼介外野手立命館大
2位太田光捕手大阪商業大
3位引地秀一郎投手倉敷商業高
4位弓削隼人投手SUBARU
5位佐藤智輝投手山形中央高
6位渡邊佳明内野手明治大
7位小郷裕哉外野手立正大
8位鈴木翔天投手富士大

 

アナ 小関さん、楽天に関してはどうですか?

 

小関 そうですね。外野手では藤原を競合で外して辰己にいったんですけど、そんな緊急に必要なチームだと思っていないんですよ。

 

アナ はい。

 

小関 田中和基がいて、オコエが将来的に伸びてくると考えて、そして島内に聖澤がいますし、岡島がいますよね。

 

アナ はい。

 

小関 そんなに外野は急がなくてもいいんじゃないかなと思ったんですけどね。

 

アナ 今回のドラフトでは気付けば高校生が2人であとは大学生と社会人です。西尾さんはどう見ますか?

 

西尾 そうですね。ちょっと意外だったなという気がしています。もう1位は野手でいくと言っていたんで多少は分かるんですけども。

 

アナ はい。

 

西尾 2位はけっこうピッチャーも欲しいんだろうなという気がしていてですね。リリーフを補強したいと思っていたんですけど、あんまりそっちに向かわずにという感じだったので。指名した選手を見てもいい選手はいるんですけど、何かどういう意図だったのかなというのがちょっと分かりづらいかなと思いますね。

 

アナ という東北楽天ゴールデンイーグルスの指名状況でした。

 

その他のチームの評価

 

以上です。

あまり理に適っていないという見方になっているようです。石井一久の意向なんでしょうか。

おすすめの記事