2018年10月25日にスカイAで放送された「プロ野球ドラフト会議2018」で千葉ロッテマリーンズのドラフトを専門家である野球ライターの小関順二と西尾典文がABCアナウンサーの小縣裕介と共に解説しています。

 



ドラフト指名選手(育成除く)
1位藤原恭大外野手大阪桐蔭高
2位東妻勇輔投手日本体育大
3位小島和哉投手早稲田大
4位山口航輝外・投明桜工
5位中村稔弥投手亜細亜大
6位古谷拓郎投手習志野高
7位松田進内野手Honda
8位土居豪人投手松山聖陵高

 

アナ ロッテは何と言っても競合で藤原恭大を手に入れて2位で日体大の東妻。更に3位には早稲田の小島。西尾さん、ビッグネームが並んでいる上位指名ですよ。

 

西尾 そうですね。もう何と言っても藤原選手は大きいと思いますね。もう本当にロッテは外野手のレギュラーが数年後には総入れ替えになると思うんですけど、そうなったときの中心ですよね。センター藤原選手というのはスゴく分かりやすい指名だと思いますね。

 

アナ 安田がいて、藤原がいて、ちょっと前に指名した平沢がいてね。

 

西尾 そうですね。多分、山口選手は野手でいくんじゃないかなと思うんですけど、右のパワーヒッターなんで、ちょっと右も欲しいなといったところで獲れているので。

 

アナ なるほど。

 

西尾 高校生の野手を意欲的に獲っていると思いますね。

 

アナ 小関さんはいかがですか?

 

小関 もう一番ですね。この指名はリーグナンバーワンのドラフトですよね。

 

アナ うむ。

 

小関 やっぱり藤原がいて、去年獲った安田がいてという、この並びの打順は見てみたいですよね。

 

アナ そうですよね。

 

その他のチームの評価

 

以上です。

満点ドラフトのようです。藤原を当てたのが大きいですね。残り福。

おすすめの記事